ホーム > 技術情報 > 公共工事の品質確保 > 総合評価落札方式
技術情報

総合評価落札方式

総合評価落札方式とは、工事の発注にあたり、競争参加者に技術提案等を求め、価格以外に競争参加者の能力を審査・評価しその結果をあわせて契約の相手方を決定する方式です。

関東地方整備局における総合評価落札方式の適用ガイドライン

本ガイドラインは、平成31年3月13日開催の「平成30年度 関東地方整備局総合評価審査委員会」において承認された「令和元年度 入札・契約、総合評価の実施方針」に基づいて作成したもので、令和元年8月1日以降に審査基準日となる案件から適用します。

令和元年度版[PDF:6917KB]

入札・契約、総合評価適用ガイドブック〔工事〕

多様な入札契約方式の適用分類を見やすくとりまとめた『入札・契約方式のガイドブック』を発刊し、発注者のみならず参加企業の方々等にも、入札・契約方式への理解を深めていただき、入札参加機会の可能性を拡げ、受注機会の拡大を目指します。

入札・契約、総合評価適用ガイドブック〔工事〕[PDF:1216KB]

総合評価落札方式に関する最近の話題

■総合評価落札方式における評価項目「災害協定に基づく活動実績」の評価範囲及び評価期間の見直しについて【H30.4.11】

・総合評価落札方式における評価項目「災害協定に基づく活動実績」の評価範囲及び評価期間の見直しについて[PDF:73KB]

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369