国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
荒川上流河川事務所ホーム > 河川の利用案内 > 河川区域・河川保全区域とは?

河川の利用案内

  • 河川区域・河川保全区域とは?

    河川区域とは?

    河川を管理するために必要な区域で、基本的には堤防と堤防に挟まれた間の区間をいいます。
    河川区域は大きく分けて、以下の3種類に分かれています。

    1.通常水が流れている土地(一号地)
    2.堤防や護岸など、河川を管理するための施設(二号地)
    3.一号地と二号地に挟まれている土地で、一号地と一体化して管理を行う必要のある土地[河川敷](三号地)

    河川保全区域とは?

     堤防や護岸など洪水・高潮等の災害を防止するための施設や河岸を守るために、一定の制限を設けている区域のことです。河川保全区域の範囲は、それぞれの河川で異なりますが、荒川上流河川事務所の管轄においては、荒川、入間川等の河川区域から約20mの範囲で指定されています(各河川や地域によって範囲が違います)。
    詳しくは担当出張所にご確認ください。

    事務所・出張所の連絡先

    河川保全区域における行為で許可を要しないもの

    ●耕うん
    ●河川管理施設(堤防等)から距離が5mを超える土地における行為のうち、次のものは許可を必要としない。
    1. 堤内の土地における地表から高さ3m以内の盛土 (堤防に沿う長さが20m以上 のものを除く)  
    2. 堤内の土地における地表から深さ1m以内の土地の掘削又は切土  
    3. 堤内の工作物の新築または改築。  
     これに該当する工作物(コンクリート造、石造等の堅固なもの及び貯水池、水路 等水が浸透する恐れがあるものを除く)は木造、プレハブ、軽量鉄骨、ブロック造等の堅固でないもの。                   

    申請に当たっては添付図書が必要となります。
    申請書はこちらから

    堤防がまだ整備されてない区間もあり保全区域が一様でないので、事前に出張所で確認して下さい。

    事務所・出張所の連絡先
    許可を要する主な行為の例[PDF:147KB]

国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3-12 電話:049(246)6371