利根川上流河川事務所ホーム > 防災情報 > 重要水防箇所 > 用語の解説

防災情報

  • 重要水防箇所

    用語の解説

    重要水防箇所の評価基準(種別)

    堤防高(流下能力)

    堤防高(流下能力) 堤防高(流下能力)

    計画としている洪水が流れてきた場合に、堤防が低いためあふれる箇所(重要度A)。もしくは、あふれることはないが、必要な余裕高(堤防高と洪水の水位との差)がとれない箇所(重要度B)。なお、堤防が計画通りに完成していても、川底が高いことなどにより洪水があふれてしまう箇所(流下能力不足)もこれに含めています。

    堤防断面

    堤防断面 堤防断面

    現在の堤防の断面積あるいは天端の幅が、計画に対して半分に満たない箇所(重要度A)。もしくは、計画に対して足りないが半分以上はある箇所(重要度B)。一般に「カミソリ堤」などとも呼ばれる高さはあるが幅の狭い堤防がこれにあたります。

    法崩れ・すべり

    法崩れ・すべり 法崩れ・すべり法くずれ(H15年8月加須市(旧北川辺町)) 法くずれ(H15年8月加須市(旧北川辺町))

    過去に堤防の斜面が崩れたことがあるが、まだその対策が十分でない箇所(重要度A)。もしくは、対策が施されているが、まだ完了していない箇所(重要度B)。また過去に堤防の斜面が崩れたことはないが、崩れる可能性がある箇所で、まだその対策が十分でない箇所(重要度B)。

    漏水

    漏水 漏水釜段(H13年9月加須市) 釜段(H13年9月加須市)

    過去に漏水(堤防から洪水の水が漏れ出すこと)が起きたことがあるが、まだその対策が十分でない箇所(重要度A)。もしくは、その対策が施されているが、まだ完了していない箇所(重要度B)。また、過去に漏水が起きたことはないが、その可能性がある箇所で、まだその対策が十分でない箇所(重要度B)。

    水衝・洗掘

    水衝・洗掘 水衝・洗掘

    水衝部(川が曲がっている外側で、水の流れが強くあたる場所のこと)にある堤防の前面の川底が流れにより深く掘られているが、まだその対策が十分でない箇所(重要度A)。もしくは、水衝部にある堤防の前面の川底が流れにより、それほど深くはないが掘られており、まだその対策が十分でない箇所(重要度B)。
     橋などのある場所が流れにより掘られているが、まだその対策が十分でない箇所(重要度A)。

    工作物

    工作物 工作物

    堰、橋、樋管などのうち、護岸が取り付けられていなかったり、施設が老朽化しているなど改善する必要があるがまだ対策が十分でない箇所(重要度A)。
    橋などの高さが低いため、計画としている洪水が流れた場合、橋桁がもぐってしまう箇所(重要度A)。もしくは、橋桁がもぐってしまうことはないが、必要な余裕高(橋桁下と洪水の水位との差)がとれない箇所(重要度B)。

    新堤防

    新堤防 新堤防

    堤防を新しく作ってから、3年以内の箇所。新しい堤防は上下流の堤防や地盤の土となじむまでに時間がかかり、また洪水の経験がないことから、作ってから3年間は要注意区間としています。

    破堤跡

    破堤跡 破堤跡

    過去に破堤(堤防が決壊すること)したことがある箇所。このような箇所は地質が弱いことも多く、必要な対策が完了しても要注意区間としています。

    旧川跡

    旧川跡 旧川跡

    以前は川であったところが現在では堤防となっている箇所。このような箇所は地質が弱いことが多く、必要な対策が完了しても要注意区間としています。

国土交通省 関東地方整備局 利根川上流河川事務所
〒349-1198 埼玉県久喜市栗橋北2-19-1 電話:0480(52)3952