利根川上流河川事務所ホーム > 防災情報 > 重要水防箇所 > 重要水防箇所って何?

防災情報

  • 重要水防箇所

    重要水防箇所って何?

    洪水の時には、その洪水により堤防が壊されたり、洪水が堤防を越えてあふれ出したりしないように、水防団の方々が土のうを積むなどの「水防」活動をして、堤防を守ります。そうした事態をいち早く察知するため、洪水が一定の規模になると水防団の方々は危険な箇所がないかどうか、堤防を点検します。ただし堤防を点検する区間は長いため、現在の堤防の高さや幅、過去の漏水などの実績などから、あらかじめ水防上重要な区間を決めておけばより効率的な堤防の点検ができ、危険な箇所の早期発見につながります。このような考えから毎年重要水防箇所を定めるとともに、洪水期前には関係者でその年の重要水防箇所を確認する合同巡視も行われています。

    ◆河川や堤防で何かお気づきの点がありましたら、お問い合わせメールフォームでご連絡下さい。

    重要水防箇所の考え方は?

    重要水防箇所は、その箇所の堤防の状態などにより「堤防高」「堤防断面」「漏水」などのいくつかの種別に分類されます。さらにその種別ごとに、その箇所の状況に応じて2つの重要度に区分されます。
    ・重要度A(水防上最も重要な区間)
    ・重要度B(水防上重要な区間)
    また、新しく堤防を作った「新堤防」、過去に堤防が決壊したことのある「破堤跡」、以前川だった所が堤防となっている「旧川跡」については、過去の経験から注意を要する箇所、また破堤などの履歴を残すため「要注意区間」として整理しています。

    重要水防箇所の評価基準

    重要水防箇所の評価基準表
    種 別 重要度 要注意区間
    A 水防上最も重要な区間 B 水防上重要な区間
    堤防高(流下能力)

    ※堤防が計画通りに完成していても、川底が高いことなどにより洪水があふれてしまう箇所(流下能力不足)もこれに含めています。

    計画としている洪水が流れてきた場合に、堤防が低いためあふれる箇所。

    ※「計画としている洪水」とは、利根川の場合、概ね200年に1回起きる規模の降雨による洪水を想定しています。この時の雨は概ね300mmです。

    計画としている洪水が流れてきた場合に、あふれることはないが、必要な余裕高(計画の堤防高と洪水の水位との差)がとれない箇所。

    ※「余裕高」は利根川の場合2mです。

     
    堤防断面 現在の堤防の断面積あるいは天端の幅が、計画に対して半分に満たない箇所。 現在の堤防の断面積あるいは天端の幅が、計画に対して足りないが半分以上はある箇所。   
    法崩れ・すべり 過去に堤防の斜面が崩れたことがあるが、まだその対策が十分でない箇所。 過去に堤防の斜面が崩れたことがあり対策が施されているが、まだ完了してない箇所。  
      過去に堤防の斜面が崩れたことはないが、崩れる可能性がある箇所で、まだその対策が十分でない箇所。  
    漏水

    ※漏水とは堤防から洪水の水が漏れ出すことです。

    過去に漏水が起きたことがあるが、まだその対策が充分でない箇所。 過去に漏水が起きたことがあり対策が施されているが、まだ完了していない箇所。  
      過去に漏水が起きたことはないが、その可能性がある箇所で、まだその対策が十分でない箇所。  
    水衝・洗掘

    ※水衝部とは川が曲がっている外側で、水の流れが強くあたる場所のことをいいます。

    水衝部にある堤防の前面の川底が流れにより深く掘られているが、まだその対策が充分でない箇所。 水衝部にある堤防の前面の川底が流れにより、それほど深くはないが掘られており、まだその対策が十分でない箇所。  
    橋などのある場所が流れにより掘られているが、まだその対策が十分でない箇所。    
    工作物 堰、橋、樋管などのうち、護岸が取り付けられていなかったり、施設が老朽化しているなど、改善する必要があるがまだ対策が十分でない箇所。    
    橋などの高さが低いため、計画としている洪水が流れた場合、橋桁がもぐってしまう箇所。 計画としている洪水が流れた場合、橋桁がもぐってしまうことはないが、必要な余裕高(桁下と洪水の水位との差)がとれない箇所。  
    新堤防     堤防を新しく作ってから、3年以内の箇所。新しい堤防は上下流の堤防や地盤の土となじむまでに時間がかかり、また洪水の経験がないことから、作ってから3年間は要注意区間としています。
    破堤跡     過去に破堤(堤防が決壊すること)したことがある箇所。このような箇所は地質が弱いことも多く、必要な対策が完了しても要注意区間としています。
    旧川跡     以前は川であったところが現在では堤防となっている箇所。このような箇所は地質が弱いことが多く、必要な対策が完了しても要注意区間としています。

    用語の解説

    土のう(どのう)
    土のうはポリプロピレンなどでできた、40cm×70cm程度の袋に砂や土を詰めたもので、各種水防工法の基本的な材料として使われます。

    天端(てんば)
    堤防の一番上の平らな部分。利根川の計画では7.5mの幅を確保することとされています。

    漏水(ろうすい)
    洪水の時にその一部が堤防の内部を通って反対側に噴き出ることを堤体漏水(ていたいろうすい)といい、堤防からでなく地盤から噴き出ることを基盤漏水(きばんろうすい)といいます。堤体漏水には水防工法「月の輪」、基盤漏水には水防工法「釜段」を行います。

国土交通省 関東地方整備局 利根川上流河川事務所
〒349-1198 埼玉県久喜市栗橋北2-19-1 電話:0480(52)3952