利根川上流河川事務所ホーム > 利根川の紹介 > 流域年表

利根川の紹介

  • 流域年表

    利根川流域年表
    年代(西暦) できごと
    氷河期
    約10万年前
    関東平野の成立
    関東平野は古東京湾と呼ばれる内湾で浅い海であった
    約2万年前 河川の浸食で峡谷
    海面は約100m現在より低くなり、河川浸食で河谷が形成される
    縄文時代
    5〜6000年前
    海面の上昇
    北極・南極・高山の氷河が溶け、海面の上昇(約10m)となり峡谷は溺れ谷となり海底に沈む
    弥生時代 氾濫区域での生活
    農耕生活が行われる
    大和時代
    (200)
    古墳
    奈良時代
    (710)
     
    平安時代
    (794)
    荘園制
    武士の登場
    鎌倉時代
    (1192)
    会の川・古隅田川主流
    室町時代
    (1457)
    太田道灌が葛和田から星川・綾瀬川を幹線と定める
    利根川流域年表(室町時代〜安土桃山時代)
    西暦(和暦) できごと
    1543
    (天文12)
    洪水により桃木川筋から主流は八斗島へ
    1547
    (天正4)
    権現堂堤築立
    1590
    (天正18)
    ・伊奈忠次、関東代官頭となり利根川治水に着手
    ・小名木川開削
    (異説:天正20年 慶長年間)
    (6月)石田光成
    忍城水攻めのため石田堤築堤する
    (8月)徳川家康
    関東8国の領主に封ぜられ江戸城に入る
    1594
    (文禄3)
    会の川締切り、浅間川、庄内古川、太日川に利根川を移す
    文禄の役(秀吉の朝鮮出兵)終わる
    1595
    (文禄4)
    左岸文禄堤築立
    古戸から会の川まで33.5km
    ・海老瀬村から上流17km渡良瀬川堤防築堤
    1596〜1615
    (慶長年間)
    中条堤築造
    葛西用水成立
    太閤検地
    (1582〜1592)
    1597
    (慶長2)
    慶長の役(秀吉の再び朝鮮出兵)
    1600
    (慶長7)
    関ヶ原の戦い
    (9月)
    1603
    (慶長8)
    江戸日本橋を改造
    家康、征夷大将軍となり、江戸幕府を開く
    1604
    (慶長9)
    伊奈忠次、備前渠開削
    ・幕末、東山などの諸街道に一里塚を築く
    1605
    (慶長10)
    浅間山噴火(11月)
    煙草流行す
    1610
    (慶長15)
    足尾銅山発見
    1616
    (元和2)
    幕府、利根川本支川の定船場16ヶ所を指定
    1617
    (元和3)
    宇津間川(巴波川)舟運始まる
    日光東照宮造営
    1621
    (元和7)
    伊奈忠次、新川通及び赤堀川開削
    (異説:赤堀川開削 承応3)
    利根川流域年表(江戸時代)
    西暦(和暦) できごと
    1611
    (元和7)
    新川通の開削
    赤堀川の初開削
    1629
    (寛永6)
    元荒川の締切り
    荒川の付替
    鬼怒川の付替
    1630
    (寛永7)
    小貝川の付替
    布川、布佐の開削
    1635〜
    (寛永12)
    江戸川の開削着工
    1641
    (寛永18)
    権現堂川の掘削
    逆川の開削
    江戸川の開削竣工(慨成)
    1654
    (承応3)
    赤堀川通水
    1661〜72
    (寛文年代)
    矢場川の付替
    1666〜72
    (寛文6)
    新利根川の開削
    1676
    (延宝4)
    将監川の開削
    1680
    (延宝8)
    入間川の付替
    1688〜1703
    (元禄年間)
    綾瀬川の捷水路開削
    1704
    (宝永元)
    利根川大洪水、江戸まで被害が及ぶ
    1705
    (宝永2)
    宝永元年(1704)洪水への対処として新川通を拡幅
    1728
    (享保13)
    江戸川(金杉〜深井新田)の改修
    1729
    (享保14)
    中川の開削
    小合溜井の創設江戸川吐口の締切り
    1742
    (寛保2)
    寛保2年洪水への対処として「関東利根川御普請御手伝」と称して全水系にわたって改修工事が行われる
    1751〜63
    (宝歴年間)
    幕府によって宝歴治水調査が行われる
    1783
    (天明3)
    浅間山の噴火
    1786
    (天明6)
    洪水により浅間山の噴火物が全川におよび河状が大変化する
    1802
    (享和2)
    利根川大洪水
    1809
    (文化6)
    赤堀川を40間に拡幅
    1826
    (文政9)
    権現堂川堤防の大修築
    1830〜43
    (天保年間)
    江戸川の棒出し
    1838
    (天保9)
    浅間川呑口締切り
    合の川呑口締切り
    1846
    (弘化3)
    利根川大洪水
    利根川流域年表(明治時代〜大正時代)
    西暦(和暦) できごと
    1868
    (明治元)
    利根川、渡良瀬川洪水(7月)
    1869
    (明治2)
    渡良瀬川洪水
    1870
    (明治3)
    利根川、渡良瀬川洪水
    1871
    (明治4)
    赤堀川の切拡げ
    1872
    (明治5)
    (2月)ファン・ドールン、リンドウ来日
    4月から利根川の調査計画にあたる
    (5月〜6月)リンドウらにより利根川・江戸川筋に「量水標」設置
    1875
    (明治8)
    リンドウの計画による「試験的粗朶工」実施(利根川水系初の直轄工事)
    1875〜99
    (明治8〜32)
    利根川低水工事
    1878
    (明治11)
    島川・佐伯堀締切り
    1885
    (明治18)
    (7月)洪水
    この洪水についてムルデルらの指導により、利根川本支川を通じて初めて洪水流量観測が行われる
    1886
    (明治19)
    (4月)ムルデル、近藤仙太郎を助手として「利根川改修計画書」作成
    1887
    (明治20)
    利根川初の全川に渡る低水工事着手
    1888
    (明治21)
    (5月)「利根運河」起工
    1890
    (明治23)
    利根川洪水
    「利根運河」竣工
    第1回帝国議会開会
    1896
    (明治29)
    河川法公布
    利根川大洪水
    1897
    (明治30)
    (3月)砂防法、森林法制定
    1900
    (明治33)
    利根川改修計画
    1900〜09
    (明治33〜42)
    利根川第一期改修工事
    1907
    (明治40)
    (8月)洪水(最高水位は明治43年8月の大洪水に匹敵)
    「利根川第II期改修工事」着工
    1909
    (明治42)
    (4月)「利根川第III期改修工事」着工
    (12月)「利根川第I期改修工事」竣工
    1910
    (明治43)
    台風による大洪水、利根川各所で破堤、溢水被害東京まで及ぶ
    1911
    (明治44)
    「利根川改修計画改定」 利根川改修計画改訂
    1912
    (明治45)
    (4月)「赤堀川の拡幅」工事開始
    1914
    (大正3)
    (8月)「横利根閘門」着工
    1916
    (大正5)
    「中川改修工事」着工
    1917
    (大正6)
    (2月)「赤堀川の拡幅」完了
    1918
    (大正7)
    栗橋においての初の雨量、流量観測開始
    「関宿水閘門」着工
    1921
    (大正10)
    「横利根閘門」竣工
    1922
    (大正11)
    妻沼町より下流全川の低水工事竣工
    1923
    (大正12)
    利根渡良瀬両河維持工事起工 関東大震災
    1924
    (大正13)
    利根川橋開通
    1925
    (大正14)
    「権現堂川の締め切り」工事開始
    1926
    (大正15)
    「鬼怒川改修工事」竣工
    「渡良瀬川改修工事」竣工
    利根川流域年表(昭和時代〜)
    西暦(和暦) できごと
    1927
    (昭和2)
    権現堂川締切完成
    「関宿水閘門」竣工
    1929
    (昭和4)
    利根川第三期改修工事竣工
    1930
    (昭和5)
    「江戸川改修工事」竣工 「利根川第II期・第III期改修工事」竣工
    1935
    (昭和10)
    (9月)台風による大洪水、妻沼大橋、昭和橋流失
    菅生調節池囲繞堤工事着手
    1938
    (昭和13)
    (6月・7月)洪水
    1939
    (昭和14)
    利根川増補計画策定、利根川増補工事着手
    1941
    (昭和16)
    (7月)台風による洪水、堤防決壊、護岸、水制流出、渡良瀬遊水地周辺湛水
    10日間で農作物被害甚大
    1947
    (昭和22)
    (9月)カスリーン台風による大洪水、東村堤防決壊未曾有の大被害となる
    1941
    (昭和24)
    利根川改修改訂計画策定
    五大引堤着工(新郷引堤着工)
    1942
    (昭和25)
    田中調節池の越流堤工事着工
    1943
    (昭和26)
    田中調節池暫定完成
    1955
    (昭和30)
    菅生調節池の越流堤工事着工
    1956
    (昭和31)
    菅生調節池暫定完成
    1963
    (昭和38)
    第1次五箇年計画策定
    渡良瀬川遊水地調節池化工事着工
    1965
    (昭和40)
    利根川水系工事実地基本計画策定
    第2次治水五箇年計画策定
    新河川法施行
    1968
    (昭和43)
    第3次治水五箇年計画策定
    五大引堤完了(行田引堤完了)
    1970
    (昭和45)
    渡良瀬第1調節池完成
    渡良瀬遊水地総合開発事業実施計画調査着手
    1976
    (昭和51)
    渡良瀬遊水地総合開発事業着手
    新開橋架替工事竣工
    1976
    (昭和52)
    第5次治水五箇年計画策定
    1979
    (昭和54)
    福川水門完成
    1980
    (昭和55)
    利根川水系工事実施基本計画改訂
    1982
    (昭和57)
    第6次治水五箇年計画策定
    1986
    (昭和61)
    (12月)渡良瀬遊水地試験湛水開始
    1987
    (昭和62)
    第7次治水五箇年計画策定
    1992
    (平成4年)
    第8次治水五箇年計画策定
    1996
    (平成8年)
    (12月)渡良瀬遊水地総合開発(II期)事業審議委員会の中間答申
    1997
    (平成9年)
    第9次治水五箇年計画策定
    カスリーン台風から50年
    渡良瀬第3調節池完成
    2000
    (平成12年)
    (3月)渡良瀬遊水池の自然保全と自然を生かしたグランドデザイン提言
    (7月)利根川近代改修百年行事(利根川資料館開館式、リレー講演 全7回)の実施
    2001
    (平成13年)
    (3月)渡良瀬貯水池の水質対策計画の公表
    2002
    (平成14年)
    (1月)渡良瀬遊水地自然保全・利用連絡会設立
    (3月)ヨシ原浄化施設完成
    (8月)渡良瀬遊水池総合開発(II期)事業中止
    2003
    (平成15年)
    (3月)渡良瀬遊水池総合開発事業完了 法師戸水門完成
    2009
    (平成21年)
    (2月)皇太子殿下行啓(渡良瀬遊水地)
    2011
    (平成23年)
    (7月)渡良瀬遊水地がラムサール条約に登録
国土交通省 関東地方整備局 利根川上流河川事務所
〒349-1198 埼玉県久喜市栗橋北2-19-1 電話:0480(52)3952