高崎河川国道事務所ホーム > みちづくり > 群馬の道づくり

みちづくり

  • 群馬の道づくり

    群馬のみちづくりトップの画像

    群馬県は、関東平野の北部に位置し、古くから西日本と東日本の政治と文化を結ぶ交通の要衝として栄え、現在も南北を通過する関越自動車道、東西を通過する上信越自動車道が整備され、東京圏と日本海側や中部地方との重要な交通結節点となっています。
    また、一方では尾瀬や草津温泉など、日本有数の豊かな自然に恵まれた地域でもあります。

    群馬県は、関東平野の北部に位置し、古くから西日本と東日本の政治と文化を結ぶ交通の要衝として栄え、現在も南北を通過する関越自動車道、東西を通過する上信越自動車道が整備され、東京圏と日本海側や中部地方との重要な交通結節点となっています。
    また、一方では尾瀬や草津温泉など、日本有数の豊かな自然に恵まれた地域でもあります。

    管理区間

    出張所・管理区間マップ

    道路関係では群馬県唯一の直轄事務所であり、県内の主要幹線道路である国道17・18・50号の延長210.0kmの管理及び改築事業を所管しています。

    管理区間一覧

    高崎河川国道事務所 管理区間一覧
      路線   延 長               区 間   管理出張所
     国道17号
    東京都中央区
    〜新潟県新潟市
     17  94.7km  高崎市新町陣場1148番9〜新潟県南魚沼郡湯沢町大字三国立岩橋東詰  碓氷出張所,
    前橋出張所,
    沼田維持修繕出張所
     17
    (上武道路)
     32.1km  埼玉県深谷市高島字本郷105番1〜前橋市上細井町字上町948番地8  桐生国道維持出張所,
    前橋出張所
     国道18号
    群馬県高崎市
    〜新潟県上越市
     18  42.1km  高崎市並榎町457番6〜長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢境新田釜戸山下1046番2  碓氷出張所
     国道50号
    群馬県前橋市
    〜茨城県水戸市
     50  35.8km  前橋市本町1丁目1番1〜太田市植木野町字雀ノ宮278番1  前橋出張所,
    桐生国道維持出張所
       計  204.7km    


    群馬の道を知る(群馬県の特色)

    群馬県内の道路の現状と課題を紹介しています

     群馬県の特色は、運転免許保有率が全国一位であるなど、有数の自動車王国であり、県民生活に自動車が欠かせない状況となっています。しかし、死傷事故率・渋滞損失時間などは全国平均以下となっており、道路整備に対する地域の期待は非常に大きいものとなっています。

    群馬の今(現状)

    自動車免許保有率のグラフ

    自動車免許保有率=68%
    全国1位  ── 出典 警視庁交通局/国勢調査(平成17年)

    死傷事故率のグラフ

    死傷事故率=142.3件/億台キロ
    全国ワースト9位── 出典 道路行政の達成度報告書(平成17年)

    渋滞損失時間のグラフ

    渋滞損失時間=(1kmあたり)21.3時間
    全国ワースト14位── 出典 道路行政の達成度報告書(平成17年)

    『道路見える化計画』

     事業を推進するにあたり、道路の課題をデーターできちんと把握し、その最適な解決方法を急ぐべきところから対策を講じる『道路見える化計画』に取り組んでいます。
     今まで感覚で言われてきた事故多発地をデーターできちんと裏打ちした「交通安全見える化プラン」や、それの渋滞版である「渋滞見える化プラン」、工事の目的などを工事現場ですぐわかるようにする「現場見える化プロジェクト」を推進し、地域の方々とともに考えながら、地域づくりや街づくりを支援していきます。

    道路見える化計画の図
国土交通省 関東地方整備局 高崎河川国道事務所
〒370-0841 群馬県高崎市栄町6-41 電話:027(345)6000