高崎河川国道事務所ホーム > みちづくり > 前橋笠懸道路

みちづくり

  • 前橋笠懸道路

    住民のみなさんが求める声を活かした道づくり

    事業概要


     国道50号前橋笠懸道路は、県内の国道50号で唯一の2車線区間である前橋市からみどり市間において交通混雑の緩和と生活環境の改善を図ることを目的とするバイパス(一部現道拡幅)事業です。
     これまでに、鹿交差点改良部が完成しています。

    平成30年5月11日
    【平成30年度の予定】

    ・前橋市今井町〜前橋市二之宮町間の現道拡幅区間(延長0.9km)において、調査設計、環境調査、用地買収、埋蔵文化財調査を推進し、歩道橋工事に着手します。
    ・伊勢崎市赤堀今井町〜伊勢崎市香林町間のバイパス区間(延長4.0km)において、調査設計、環境調査、用地買収、埋蔵文化財調査を推進します。

    • 事業箇所位置図 事業箇所位置図
    • 前橋笠懸写真 鳥瞰写真

    計画平面図


    計画平面図

    計画諸元


    区間 自:群馬県前橋市今井町〜至:群馬県みどり市笠懸町鹿
    延長 12.5km
    区 分 3種1級
    設計速度 80km/h
    都市計画決定 平成19年1月

国土交通省 関東地方整備局 高崎河川国道事務所
〒370-0841 群馬県高崎市栄町6-41 電話:027(345)6000