下館河川事務所ホーム > 地域との連携 > 小貝川下流域水面利用等協議会

地域との連携

  • 小貝川下流域水面利用等協議会

    概要

    水面利用等協議会

    小貝川下流域(JR常磐線橋梁(茨城県取手市宮和田地先及び茨城県龍ケ崎市川原代町 地先)から愛国橋(茨城県つくば市吉沼地先及び茨城県下妻市大園木地先)までの区間) の河川区域内)における水面の安全で快適な利用と秩序ある河川空間の維持及びより良い河川環境の保持を図ることを目的とし、平成30年3月に設立されました。

    小貝川下流域では、水上オートバイ、エンジンを搭載したボート等の騒音、危険・迷惑行為等のため、他の河川利用者や周辺住民の支障となるような状況が見受けられます。この状況を受けて、協議会では、一般の方からも意見を募集して、「小貝川下流域水面利用ルール&マナー」を定めました。今後は、当事務所ホームページへの掲載のほか、現地への看板設置、協議会構成員である警察・消防等との合同巡視等により、ルール&マナーの周知活動に取り組んでまいります。

    主なテーマ

    ・水面・河川敷・堤防(土手)の利用ルール及びマナーの検討作成
    ・同利用ルール及びマナーに関する広報活動

    構成

    龍ケ崎市、下妻市、常総市、取手市、つくば市、守谷市、つくばみらい市、竜ヶ崎警察署、つくば中央警察署、つくば北警察署、常総警察署、取手警察署、取手市消防本部、つくば市消防本部、茨城西南地方広域市町村圏事務組合消防本部、常総地方広域市町村圏事務組合消防本部、稲敷広域消防本部、岡堰土地改良区、福岡堰土地改良区、鬼怒小貝漁業協同組合、小貝川漁業協同組合、鬼怒利根漁業協同組合、関東漁業協同組合、公益財団法人マリンスポーツ財団、一般社団法人全日本フライボード協会、一般社団法人日本ウェイクボード協会、一般財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会、NPO法人日本ウインドサーフィン協会、NPO法人PW安全協会、NPO法人水辺基盤協会、茨城県カヌー協会、茨城県ボート協会、国土交通省下館河川事務所

    活動・実施内容

    ・小貝川水面利用ルール&マナーを策定しました。[PDF:237KB]
    平成30年4月26日から運用を開始。
    ・小貝川下流域水面利用等協議会による第1回合同巡視を実施しました。[PDF:749KB]
    4月28日(土)、小貝川下流域のうち、水上オートバイ、ウェイクボード、釣り等の水面利用が盛んな地点を中心に、「小貝川下流域水面利用ルール&マナー」のチラシ配布、看板設置、現地状況の確認を行いました。

国土交通省 関東地方整備局 下館河川事務所
〒308-0841 茨城県筑西市二木成1753 電話:0296(25)2161