相模川水系広域ダム管理事務所ホーム > もっと宮ヶ瀬ダムを知る > ダム建設について > RCD工法による建設

もっと宮ヶ瀬ダムを知る

  • ダム建設について

    RCD工法による建設

    宮ヶ瀬ダム建設工事では、200万m3におよぶ大量のコンクリートを効果的かつ経済的に施工するために、RCD工法(Roller Compacted Dam-Concrete Method)が採用されました。

    宮ヶ瀬ダムRCD工法の特徴

    ●世界初ダンプ搭載型インクラインの導入
    ●二軸強制練りミキサーの採用
    ●プレキャスト型枠による施工の合理化
    ●超遅延剤の使用による品質の保持
    ●新しい施工機械の導入

    RCD工法のメリット

    ●安全で効率が良い
    ●従来に比べ費用がかからない
    ●工期が短い

    RCD工法による作業の流れ

    RCD工法による作業の流れ1
    RCD工法による作業の流れ2
国土交通省 関東地方整備局 相模川水系広域ダム管理事務所
〒252-0156 神奈川県相模原市緑区青山字南山2145-50 電話:046(281)6911