ホーム > 道路 > 社会資本整備 > 首都圏3環状道路 > 3環状の紹介 > 圏央道(首都圏中央連絡自動車道)
道路

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)は、都心から約40〜60キロメートルを環状に連絡する全長約300キロメートルの高規格幹線道路です。東名高速、中央道、関越道、東北道、常磐道、東関東道等の放射状に延びる高速道路や都心郊外の主要都市を連絡し、東京湾アクアライン、東京外かく環状道路などと一体となって首都圏の広域的な幹線道路網を形成しています。

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の概要
整備位置 都心から約40〜60キロメートルの環状道路
連絡する主な拠点都市・地域等 ・首都圏近郊の主要都市(横浜市、藤沢市、茅ケ崎市、海老名市、厚木市、相模原市、八王子市、青梅市、鶴ヶ島市、川越市、桶川市、久喜市、つくば市、稲敷市、成田市、東金市、大網白里市、茂原市、市原市、木更津市等)
・成田空港や横浜港等の国際旅客・物流施設
延長 約300キロメートル(うち約270キロメートルは開通済)
車線数 4車線(一部6車線)
※東北道〜木更津東IC区間は暫定2車線

各区間の詳細

関連情報

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369