ホーム > 道路 > 社会資本整備 > 関東のETC2.0サービス
道路

関東のETC2.0サービス

ETC2.0サービスとは?

「ETC2.0」では、道路側のアンテナであるITSスポットとの高速・大容量、双方向通信で、世界初の路車協調システムによる運転支援サービスを受けることができます。また、交通が特定の時間や場所に集中するのを減らしたり、事故を未然に防いだり、道路の劣化を緩和することが可能となります。その結果、限られた道路ネットワークでも、より効率的に、長期的に使える「賢い使い方」ができるようになります。

全国の高速道路上を中心に約1,600箇所整備

情報提供サービス

渋滞回避支援


広域な道路交通情報をリアルタイムに配信します。 前方の渋滞状況も静止画でお知らせします。

渋滞回避支援
渋滞回避

安全運転支援


落下物や渋滞末尾情報、前方の静止画などで危険事象に関する情報を提供します。

安全運転支援

災害時の支援


災害発生と同時に災害発生状況とあわせて、支援情報を提供します。

災害時

経路情報を活用したサービス※1(導入予定)

●渋滞時を迂回するルート選択をしたドライバーを優遇する措置
●商用車の運行管理支援
などのサービスを今後展開する予定です。
※1 このサービスをご利用いただくためには、ETC2.0対応車載器への再セットアップが必要です。従来型のETC車載器では同サービスは受けられません。

広がる民間サービス※1(導入予定)

ETC※2、公共駐車場決済サービス※2、フェリー港※2、ドライブスルー決済など、今後も順次新たなサービス追加を検討します。
※2 サービス実施中。

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館  電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369