ホーム > 河川 > 社会資本整備 > 首都圏の水Information > 水資源と私たち
河川

社会資本整備

  • 首都圏の水Information

    水資源と私たち

    日本に降る雨の利用

    日本は水資源に恵まれた国だと思いますか?
    実は、雨は多いのですがそのままでは使える水は少ないのです。


    我が国の水資源は限られており、首都圏では特に少ないのです!

    我が国は雨に恵まれた国です。でも、1人1人が使える水は少ないのです。
    国土が狭い割には人口が多く、地形が急峻であるため、降った雨はすぐに流れ出します。また、生活の向上に伴い水の使用量は増えてきています。
    私たちが住む首都圏では、このような傾向が他の地域よりも顕著で、1人あたりに使える水の量は全国平均の約1/3に過ぎません。

    降水量・人口一人当たり年間降水総量・水資源量 世界各国と日本の降水量・人口一人当たり年間降水総量・水資源量
    関東では一人当たりが使える水の量は多くありません 関東では一人当たりが使える水の量は多くありません

    我が国の水とその役割

    雨が多いのに、使える水は少ないのはなぜ?
    使える水が少ない割には、需要が多く、不安定なのが首都圏の水事情なのです
    海水の真水化はコストがかかります
    雨水利用や再生水利用の取り組みは多くなっていますが、限界があります
    日本は(特に首都圏では)渇水が起きやすい
    我が国の水とその役割

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369