国土交通省 関東地方整備局 日光砂防事務所
日光砂防事務所ホーム > 防災・災害情報 > 日光白根山火山噴火緊急減災対策砂防計画

防災・災害情報

  • 日光白根山火山噴火緊急減災対策砂防計画

    日光白根山火山噴火緊急減災対策砂防計画検討委員会

    日光白根山は群馬県利根郡片品村・栃木県日光市に位置する活火山で、約2万年前に火山活動を開始したと考えられています。
    有史以降、最も火山活動の規模が大きかった1649年の水蒸気噴火では、戦場ヶ原南部に数十cmの降灰があったとの記録が残っています。
    活火山である日光白根山の噴火警戒レベル(気象庁)の運用が平成28年12月6日から始まり、防災対応の概要が示されました。
    日光白根山火山噴火緊急減災対策砂防計画の策定に向けて、学識者及び行政委員から構成される「日光白根山火山噴火緊急減災対策砂防計画検討委員会」を設立しました。
    この委員会では、日光白根山において想定される噴火現象と土砂移動現象及びその推移を検討します。
    そして、想定される影響範囲,計画の対象とする土砂移動現象,対策方針や具体的な対策の内容について検討します。
    利根川水系砂防事務所と日光砂防事務所では、日光白根山の噴火に備えて「日光白根山火山噴火緊急減災対策砂防計画」を策定していきます。



     「日光白根山火山噴火緊急減災対策砂防計画検討委員会」資料

    ■第1回(2019年2月22日)

    議事概要[PDF:244KB]

    議事次第[PDF:110KB]
    出席者名簿[PDF:160KB]
    配席図[PDF:308KB]
    委員会設置趣意書[PDF:229KB]
    委員会規約[PDF:453KB]
    討議資料[PDF:9490KB]

国土交通省 関東地方整備局 日光砂防事務所
〒321-1414 栃木県日光市萩垣面2390 電話:0288(54)1191