国土交通省 関東地方整備局 長野営繕事務所
長野営繕事務所ホーム > 施設管理者様へ > 官庁施設の保全

施設管理者様へ

  • 官庁施設の保全

    国家機関の官庁施設の保全に関して、ご説明します。

    官庁施設の保全フロー 官庁施設の保全フロー

    官庁施設の保全

    施設管理者様に対して、日頃より保全指導を行っています。
    建物完成時には「保全の手引き」を作成し、日常的なメンテナンス方法をアドバイスしています。
    また工事終了後、2回の事後調査を実施し、施工上のかし等による不具合・故障等を調査し必要な補修等を行ってます。

    保全連絡会議

    各施設の保全責任者等を対象に、保全に関する情報提供と意見交換を行う場として「官庁施設保全連絡会議」を毎年開催しています。

    保全連絡会議の様子 保全連絡会議の様子
    関東地区官庁施設保全連絡会議の開催状況
    年度 会場 開催日 開催場所
    平成28年度 長野会場 平成28年7月25日(月) 長野第2合同庁舎
    群馬会場 平成28年8月5日(金) 前橋地方合同庁舎
    平成27年度 長野会場 平成27年7月31日(金) 長野第2合同庁舎
    群馬会場 平成27年8月4日(火) 前橋地方合同庁舎
    平成26年度 長野会場 平成26年7月25日(金) 長野第2合同庁舎
    群馬会場 平成26年7月23日(水) 前橋地方合同庁舎

    実態調査

    ■ 保全実態調査
     保全実態調査は、国家機関の建築物等の保全の現況を把握するために、毎年度実施している調査です。全ての国家機関を対象として、施設保全責任者等に建築物等の前年度の保全状況を「保全業務支援システム(BIMMS-N)」に入力していただき、報告をお願いしています。調査結果は、適正な保全を進めていく上での基礎資料や庁舎維持管理要求単価の作成等に活用しています。

    ■ 官庁建物実態調査
     官庁建物実態調査は、「官公庁施設の建設等に関する法律」第9条及び第13条2項に基づき、各省各庁の長から送付された営繕計画書に対し、予算措置の要否及び優先順位等について意見を述べるため定期的に実施している調査です。各施設の使用状況や劣化状況の実態把握及び長期営繕計画立案のための基礎資料として活用しています。

    ■ 保全実地指導
     保全実地指導は、「官公庁施設の建設等に関する法律」第13条に基づき、現地に赴いて、各施設の保全状況を把握し、適正な保全を図る上で必要な改善の助言を、施設保全責任者等に直接指導するものです。

    実態調査の様子 実態調査の様子

    各種パンフレット

    国土交通省では、施設管理者様向けに各種パンフレットを作成しています。

    官庁施設の保全[外部サイト]
    保全に関する基本的事項をまとめたものです。
    国家機関の建築物の点検[外部サイト]
    点検項目や根拠法令等をまとめたものです。
    官庁施設情報管理システム(BIMMS-N)[外部サイト]
    システムの概要をまとめたものです。

    • 官庁施設の保全 官庁施設の保全
    • 国家機関の建築物の点検 国家機関の建築物の点検
    • 官庁施設情報管理システム(BIMMS-N) 官庁施設情報管理システム(BIMMS-N)
国土交通省 関東地方整備局 長野営繕事務所
〒380−0846 長野県長野市旭町1108 長野第2合同庁舎4階 TEL:026−235−3481 FAX:026−235−8713