甲府河川国道事務所ホーム > かわづくり > 河川整備計画

かわづくり

  • 河川整備計画

    河川整備計画 地域の声を聞きながら、地域のための川づくりを目指します

    河川整備の基本方針に関する策定の手順 河川整備の基本方針に関する策定の手順

    河川環境の整備と保全を求める国民のみなさんの二一ズに的確に応え、また、河川の特性と地域の風土・文化などの実情に応じた河川整備を推進するために、河川整備計画を策定しました。

    河川整備を行う場合,これまでは水系ごとに河川を管理する者が「工事実施計画」を定め、これに基づいて工事を実施してきました。しかし,平成9年12月に河川法が改正され、いままでの「治水」「利水」に加え、新しい目的として「河川環境の整備と保全」を進めていくことが位置づけられました。さらに、この改正での大きなポイントとして地域住民の意見を反映した河川整備の計画制度が導入されました。この新しい河川法では、「工事実施基本計画」に代わり、河川整備の長期的な方向を示す「河川整備基本方針」と具体的・段階的な河川の姿を示す「河川整備計画」の2つに分けて定めることになりました。「基本方針」は、具体的な事業の取り扱いを定める「河川整備計画」の前提となるものであると同時に、河川環境や維持管理等に対する河川の方向を明らかするものです。この「河川整備計画」策定にあたっては、「河川整備基本方針」に即し,地域の意見を聴いて策定することになっており、新たな事業計画に位置付けることとなっています。
    甲府河川国道事務所では、これらを踏まえ、平成15年2月に富士川水系の「河川整備基本方針」を策定しました。河川整備計画については、学識経験者、各種懇談会代表、NPO代表から意見を聴く「富士川技術検討会」、及び沿川ブロックごとに意見交換を行う「川づくり懇談会」等により地域と連携を図りながら検討を進め、平成18年9月に策定しました。

国土交通省 関東地方整備局 甲府河川国道事務所
〒400-8578 山梨県甲府市緑が丘1-10-1 電話:055(252)5491