甲府河川国道事務所ホーム > みちづくり > 大月バイパス

みちづくり

  • 大月バイパス

    事業の概要

     国道20号大月バイパスは、大月市内の市街地の混雑緩和と交通安全の確保を目的とした、大月市駒橋から大月市大月町花咲に至る延長3.2kmのバイパス整備事業です。
     平成19年度までに大月市駒橋〜大月二丁目(国道139号)間の延長1.7kmが開通しています。

    事業の効果

     大月バイパスが完成することにより、大月市中心部の交通渋滞の緩和、通学路などの交通量減少による歩行者の安全性の向上などが期待されます。

    事業の効果

    平成29年度の予定

     平成29年度は、花咲地区改良工事、大月第2トンネル工事、花咲地区函渠工事を実施します。

    概要図等

    概要図
    事業の経緯・標準断面図
    開通区間 ▲桂川橋の施工状況(甲府方面を望む)平成29年4月撮影
国土交通省 関東地方整備局 甲府河川国道事務所
〒400-8578 山梨県甲府市緑が丘1-10-1 電話:055(252)5491