国土交通省 関東地方整備局 川崎国道事務所
川崎国道事務所ホーム > 事務所の取り組み > 国道16号(保土ヶ谷バイパス) > 町田立体事業

町田立体事業

事業の目的

町田立体事業は、国道16号と国道246号が交差する東名入口交差点付近を立体化することにより、慢性的な渋滞の解消を図る事業です。渋滞の解消により、経済損失を解消するほか、迂回車両の引き起こす周辺生活道路の危険性も低減します。また、自動車からの排出ガス削減による沿道環境の改善も期待され、安全で快適な街づくりに寄与します。

事業の概要

町田立体事業は、東名入口交差点の周辺約1.8kmの間、国道16号を高架構造で立体化する事業です(高架部は自動車専用道路)。 また、都市計画により住居系の用途が指定されている地域には環境施設帯を整備し、沿道への騒音や振動の軽減を図ります。 (事業区間 約2.1km、立体化区間 約1.8km)
本線部は、平成28年4月24日に開通しました。

区間 自:東京都町田市鶴間地先
至:東京都町田市鶴間地先
都市計画決定 平成13年11月26日
事業着手 平成14年度
延長及び幅員 W=21m W=38m(38〜63m)
道路規格 自動車専用部
第1種3級
一般部
第4種1級
設計速度 80km/h 60km/h
車線数 4車線 4車線
町田位置図
町田断面図
国土交通省 関東地方整備局 川崎国道事務所
〒213-8577 川崎市高津区梶ヶ谷2-3-3 電話044-888-6411(代表)