江戸川河川事務所ホーム > 川の利用案内 > 水面(船・ボート)

川の利用案内

  • 水面(船・ボート)

    水面は誰でも自由に使用できます

    カヌー(写真)

    水面は誰でも自由に使用できますので、水上スキーや水上バイクなども自由に楽しむことができます。ただし、騒音や航走波についての苦情が寄せられています。他の利用者(釣り人など)がいる場合には、迷惑にならないよう、マナーを守った利用をお願いします。
    船舶の係留については、川の中に個人が船舶を係留することは認められていません。現在、保管艇より放置艇の割合が多く、問題となっています。公共マリーナ等をご利用ください。
    また、無届けで桟橋等係留施設を設置することも違法となっています。船舶の管理者は責任を持って管理していただくようお願いいたします。

    江戸川放水路水面利用ルール
    船舶の放置行為に罰則が適用されます!(平成27年3月23日に記者発表を行っております)[PDF:303KB]

    江戸川水閘門〜JR常磐線・江戸川橋梁付近までの区間における水深の確認方法

    江戸川河川事務所では、江戸川における船舶の安全な航行の参考となる資料を作成しました。
    江戸川の川底の地形と江戸川の水位からおおよその水深を確認することができます。

    江戸川河川事務所では、江戸川において深浅測量を実施し、川底の地形図(等深浅図)を作成しました。川底の地形図は、川底の高さ(標高)が示されており、川底の地形を表しています。この図と江戸川の水位から河川の水深が概ね確認できるため、安全な航行の参考としてご利用いただけるものと思います。

    川底の地形の断面イメージ

    川の水深は、 江戸川の水面高さ(水位) − 川底の高さ(川底の地形図に表示されている高さ) で概ね確認できます。
    ※川底の地形図は、川底の標高を線で記したものです。この図から川底の浅い部分や深い部分が概ねわかるものです。図の中に示される数字は、YP(TP−0.8403m)を基準として川底の標高を示しており、水深を示すものではございませんのでご注意願います。
    ※地面の標高を表す時に基準とするのは、東京湾の高さ(±0)を基準としたTP(Tokyo Peil)が通常使われますが、川底の地形図(等深浅図)はYP(TP−0.8403m)が表示されております。
    ※YPとは、Yedogawa Peilの略で、江戸川・利根川・那珂川などの水位を測る時の基準となる江戸川堀江の水面の高さです。TPよりも−0.8403m低い基準となります。

    TPとYPの説明イメージ

    江戸川の水位変化の特徴

    江戸川の水位と江戸川水閘門の関係

    江戸川の水位
    ・江戸川の水位は、潮位によって変化します。
    ・江戸川の水位は、川の流量に応じた江戸川水閘門の操作により変化します。
    (江戸川水閘門の操作は、海水の遡上防止及び安全に川の水を下流へ流すため、流量に応じて 常に操作をしています。)

    〈注意〉
    江戸川水閘門の操作により水位が潮位に近いことがあり、干満の差が大きい日には水位の変動も大きくなりますので船の運航においては特に注意が必要です。

    江戸川水閘門の操作による水位の影響範囲
    操作によっては、水閘門から松戸市(JR常磐線、江戸川橋梁付近)までの間は、ほぼ同じ水位が保たれている区間となっています。

    江戸川水閘門の操作による水位の影響範囲

    江戸川の水深の確認方法

    水深の確認できる範囲は、江戸川水閘門〜JR常磐線、江戸川橋梁付近までの間に限られます。

    〔 水位確認の注意事項 〕
    水位は毎時間変動するため航行当日は常に最新時刻の水位を確認して下さい。
    携帯電話URL(http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/m/suii/edo.htm)

    〔 川底の高さ読み取りの注意事項 〕
    川底の地形図は、色別が難しいため、読み取る際には十分な幅をもって読み取って下さい。 また、この図は平成19年1月現在における調査結果です。月日の経過により現地と合わない場合や突起物等が表現されておりませんので、十分に注意してご利用下さい。

    ※船舶の安全な航行のためには、水深の確認をすることはもちろん、小型船によるソナー(探知機など)を使った事前の試験航行を行うなどの必要があります。
    ※船舶の運航においては、自らの責任のもと運行願います。

    水深の確認手順1
    水深の確認手順2

    江戸川の川底の地形図(等深浅図:縮尺=1/2500)

国土交通省 関東地方整備局 江戸川河川事務所
〒278-0005 千葉県野田市宮崎134 電話:04(7125)7311