ホーム > 防災 > 「社会経済の壊滅的な被害の回避」に向けた取り組み 〜最大クラスの洪水・高潮による被害想定について〜
防災

  • 「社会経済の壊滅的な被害の回避」に向けた取り組み 〜最大クラスの洪水・高潮による被害想定について〜

    関東地方整備局
    企画部
    河川部
    港湾空港部

     平成27 年1 月、国土交通省において『新たなステージに対応した防災・減災のあり方』が示され、最大クラスの大雨等に対しては「少なくとも命を守り、社会経済に対して壊滅的な被害が発生しない」ことが目標として掲げられました。
     これを受け、平成27 年7 月に関係54 機関と『最大規模の洪水等に対応した防災・減災対策検討会』を立ち上げて、最大クラスの外力による荒川低地氾濫や東京湾における高潮氾濫が発生した場合の被害を想定し、その影響による対策の検討を進めて参りました。
     このたび、平成29年8月7日に「最大規模の洪水等に対応した防災・減災対策検討会(第2回)」を開催し、「社会経済の壊滅的な被害の回避」に向けた取り組み〜最大クラスの洪水・高潮による被害想定について〜を成果として取りまとめましたので公開します。

    日時
     平成29年8月7日 13:30〜15:00
    場所
     さいたま新都心合同庁舎2号館 5階 501会議室
    公開資料
    ・「社会経済の壊滅的な被害の回避」に向けた取り組み」(概要版)[PDF:1601KB]
    ・「社会経済の壊滅的な被害の回避」に向けた取り組み」(本編)[PDF:5139KB]

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369