ホーム > 道路 > 地域づくり > 日本風景街道関東 > 関東の風景街道 > 関東第3号 江戸・東京・みらい街道
道路

地域づくり

  • 日本風景街道関東

    関東の風景街道

    関東第3号 江戸・東京・みらい街道

    〜残しながら、蘇らせながら、創っていく 日本橋からはじまる 江戸・東京を未来へ紡ぐ時空間みちづくり〜

    地域のねらい

    ・目的
    日本国道路元標を有し、日本橋地域の軸である中央通りにおいて、街並みに残る江戸から東京にわたって蓄積された歴史と伝統を継承しながら、新しい開発計画などと連携し将来に向けて風格ある風景づくりに取り組む。
    ・方針
    将来に残すべき品格のある景観の想像、及び、歴史と伝統を活かしつつ調和のとれた近代的整備を進めていき、地域全体の活性化を図る。

    活動エリアと地域資源

    活動エリアは、中央通りを中心とした日本橋、京橋地区の南北軸が中心であるが、将来的には、東の人形町、浜町、馬喰町との連携や、北に位置する秋葉原地区の持つ先進性とも連携を図っていく。

    活動エリア
    五街道の起点である道路元標 五街道の起点である道路元標日本銀行本店 歴史的建造物群(日本銀行本店)

    <代表的な物理的資源>
    ・風格ある都市(まち)風景

    (日本橋川) (日本橋川)

    ・都市部における貴重な水辺空間

    地域の活動内容と実施者

    橋洗い 橋洗い

    <主な活動内容>
    ・名橋「日本橋」の保存
    かつては道と水辺が有機的に結びつき、物資の流通、遊興的な空間として町民に親しまれてきた、このようなかつての空間を現在に取り戻すべく、橋詰めなどの道と水辺が出会う空間を活用して、「橋洗い」など様々なイベントを開催する。
    実施者:名橋「日本橋」保存会、他

    花壇の管理 花壇の管理

    ・日本のセントラル・アベニューのみち風景づくり
    日本の中心の日本橋を貫く中央通りとして、伝統を踏まえつつも将来へ向けたまちづくりと連動し、威風堂々とした風格あるみち風景づくりを進める。
    また沿道の協力による「はな街道」を軸とした華やかな空間づくりを進める。
    実施者:NPO法人はな街道

    <その他活動内容>
    ・春の名橋「日本橋」まつり(平成3年から16回実施)
    ・全国こども橋サミット(平成13年から6回実施)
    ・箱根駅伝コースの誘致・日本橋コースの運営(第75回から9年運営)
    ・その他、記念事業・企画の開催等

    地域の活動推進体制

    「風景街道パートナーシップ」を構成し、活動していく。
    風景街道パートナーシップを構成する組織は下記の通り

    【道路管理者以外の組織】
    名橋「日本橋」保存会
    日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会
    NPO法人はな街道
    日本橋地域連合町会
    中央区

    【道路管理者】
    国土交通省東京国道事務所

    活動内容

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369