国土交通省 関東地方整備局 長野国道事務所
長野国道事務所ホーム > 道路事業 > 改築事業 > 一般国道158号 奈川渡改良

道路事業

  • 改築事業

    一般国道158号 奈川渡改良

    事業概要

    奈川渡改良は、国道158号の松本市奈川から同市安曇に至る延長2.2kmのバイパス事業です。
    国道158号は、福井県福井市を起点として、長野県松本市に至る約249.4kmの幹線道路です。
    本事業は、交通機能確保を図るため、平成23年度より長野県から権限代行を受けて事業を実施しています。

    奈川渡改良位置図

    諸元

    路線名 一般国道158号
    区間 自:松本市奈川
    至:松本市安曇
    計画延長 2.2km
    標準幅員 10.5m
    道路規格 第3種第2級
    設計速度 60 km/h
    車線数 2車線

    整備効果

    ・国道158号現道には、防災危険箇所(落石・雪崩等)が11箇所存在しています。なお、通行止めが発生すると大幅な迂回が必要となります。
    ・国道158号現道には、トンネルが5箇所あり、そのうち4箇所が大型車のすれ違いが困難な状況であります。
    ・国道158号現道には、線形不良箇所が多数存在しています。また、これらの箇所で急ブレーキをかける車両が多く、交通事故の危険性が高い状況にあります。
    ・奈川渡改良の整備により、防災危険箇所の回避、線形不良箇所および大型車すれ違い困難箇所が解消し、安全性の向上に期待されています。

    防災危険箇所
    大型車すれ違い困難箇所
    線形不良箇所

    現在の状況

    現在の状況 大白川大橋の上部工事(R3.6.22撮影)
国土交通省 関東地方整備局 長野国道事務所
長野国道事務所 〒380-0902 長野県長野市鶴賀字中堰145 電話026-264-7001(代表)