ホーム > 記者発表資料 > 令和3年 > 9月 > -生活道路の安全性向上の取組み- 仮設スムーズ横断歩道を試行的に設置し検証~港区における生活道路安全対策~

記者発表資料

2021年09月14日

  • -生活道路の安全性向上の取組み- 仮設スムーズ横断歩道を試行的に設置し検証~港区における生活道路安全対策~

    港区
    警視庁
    東京国道事務所

     これまで、国土交通省道路局では防護柵等の設置や速度抑制・通過交通の進入抑制のためのハンプや狭さくといった物理的デバイスの設置等を、警察庁交通局ではゾーン30の整備による低速度規制等を、生活道路の面的な交通安全対策として、それぞれ進めてきたところです。

     今回、港区・警視庁・東京国道事務所が連携し、港区内において生活道路の安全性向上の検討をするため、仮設スムーズ横断歩道を試行的に設置し、走行速度の抑制や歩行者横断時の車両の停止率の変化を検証します。

    【実施概要】
    ■設置期間 令和3年9月17日(金)~令和3年10月16日(土)
    ■設置場所 港区芝浦四丁目10番地先の横断歩道

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369