ホーム > 記者発表資料 > 令和3年 > 12月 > 片品川・奥利根流域を対象とした「大規模土砂災害を想定した合同防災訓練」をTV会議にて実施します

記者発表資料

2021年12月13日

  • 片品川・奥利根流域を対象とした「大規模土砂災害を想定した合同防災訓練」をTV会議にて実施します

    利根川水系砂防事務所

     近年、平成30年7月西日本豪雨、令和元年東日本台風、そして令和2年7月豪雨などによる大規模な土砂災害が多発しています。
     このような土砂災害に迅速に対応するため、利根川水系砂防事務所では、関係機関とともに「流域協議会」を設置し、土砂災害に対する連携を図っています。
     本訓練は、大規模土砂災害発生時における被害軽減を目指し、関係機関がとるべき行動を確認・共有し、連携を強化することを目的に、片品川・奥利根流域の沼田市、片品村、みなかみ町、川場村、群馬県、国土交通省等の防災担当者が一堂に会し、地震後の初動対応から大規模土砂災害の発生、地震後の降雨、住民避難といった一連の流れを想定した防災訓練を実施します。

    ○開催日時 令和3年12月15日(水)13時00分~17時00分(予定)
    ○開催場所 TV会議システムを利用して各機関毎に実施

     想定される状況毎に、訓練進行役が状況付与、質問を行い、訓練参加者が質問に回答しながら進める学習型形式で実施。適宜、近年の土砂災害に対するポイントや用語の解説をしていきます。なお、TV会議方式にて参加機関をつないで実施します。

    報道機関の皆様へ
    ・当日の取材は可能です。
    ・お越しの際は事前に取材連絡をお願いします。
    ・新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、マスクの着用と、検温及び手指の消毒のご協力をお願いいたします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369