ホーム > 記者発表資料 > 令和4年 > 7月 > 渡良瀬貯水池におけるハクレンの死魚発見について【第2報(最終報)】

記者発表資料

2022年07月25日

  • 渡良瀬貯水池におけるハクレンの死魚発見について【第2報(最終報)】

    利根川上流河川事務所

     7月19日、渡良瀬貯水池(栃木県栃木市藤岡町内野地先)の池内水路において、ハクレンの死魚500~600匹が発見されました。
     7月20~21日に詳細な水質分析を行った結果、有害物質等人の健康の保護に関する環境基準を上回る項目については検出されませんでした。

    1.事故概要
     ・発見場所 栃木県栃木市藤岡町内野地先
     ・事象 ハクレンの死魚500~600匹を発見
     ・原因 水中の溶存酸素が低下したことによる酸欠が考えられます。

    2.事故対応状況(第1報からの新たな情報)
     ・7月20日 7時45分 谷中橋・東谷中橋の2地点において水質調査を実施
      簡易調査結果
      シアン等の有害物質等は検出されず。
      (1)谷中橋 溶存酸素 1リットルあたり1.82ミリグラム
      (2)東谷中橋 溶存酸素 1リットルあたり1.36ミリグラム
     ・7月22日 16時30分 詳細調査結果
      シアン等の有害物質等は検出されず。
      (1)谷中橋 溶存酸素 1リットルあたり2.4ミリグラム
      (2)東谷中橋 溶存酸素 1リットルあたり1.6ミリグラム
     ・7月23日 14時00分 死魚の回収終了

    3.今後の対応
     ・今後、水質状況や周辺環境に変化が認められた場合は、情報提供を行っていきます。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369