ホーム > 記者発表資料 > 令和4年 > 10月 > 第6回横浜港シェアリングエコノミー研究会を開催します

記者発表資料

2022年10月04日

  • 第6回横浜港シェアリングエコノミー研究会を開催します

    関東地方整備局
    港湾空港部

     関東地方整備局では、国際コンテナ戦略港湾京浜港の国際競争力強化を図るため、コンテナ輸送の効率化、生産性向上に向けた取組みを推進しています。
     その一環として、コンテナターミナル周辺の混雑やドライバー不足など、ドレージ環境が悪化する中、シャーシの位置情報を活用しつつシェアリングすることにより、シャーシ運用の効率性向上や、走行距離の削減、コンテナターミナル周辺の混雑解消等、輸送の効率化と陸運事業者の業務軽減などの生産性向上を通じて、横浜港の国際競争力強化に寄与することを目的とし、各関係者・関係行政機関等による「横浜港シェアリングエコノミー研究会」を設置し、ICTを活用したシャーシシェアリングのあり方について検討を行っています。
     今般、以下のとおり、第6回横浜港シェアリングエコノミー研究会を開催します。
     研究会においては、10月末より実施予定の第2回シェアリング実証実験の実施内容や予約システムの使用方法を確認するとともに、当該実証実験における効果分析内容等の検討を行います。

    日時:令和4年10月11日(火) 14時30分~15時30分
    場所:横浜第二合同庁舎 13階 131会議室 (Web会議併用)
    議事:
     ○シャーシシェアリングの検討経緯
     ○第2回シャーシシェアリング実証実験の実施内容等
     ○研究会の今後のスケジュール
    参加組織:本文資料(PDF)別紙1のとおり
    取材について
     ・研究会は非公開としますが、報道関係者のみ冒頭の挨拶まで傍聴及び撮影が可能です。
     ・取材をご希望の場合は、本文資料(PDF)別紙2「取材登録書」により、10月7日(金)14時00分までに電子メールにてお申し込みください。
     ・議事概要については、会議終了後に関東地方整備局港湾空港部ホームページにて公表いたします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369