ホーム > 記者発表資料 > 令和4年 > 7月 > 横浜港本牧ふ頭D1コンテナターミナルで初めてのCONPAS®試験運用を実施 ~トレーラーの特定時間帯への集中を分散・平準化させることを目的とした試験運用の実施~

記者発表資料

2022年07月08日

  • 横浜港本牧ふ頭D1コンテナターミナルで初めてのCONPAS®試験運用を実施 ~トレーラーの特定時間帯への集中を分散・平準化させることを目的とした試験運用の実施~

    関東地方整備局
    港湾空港部

     関東地方整備局では、国際コンテナ戦略港湾京浜港の国際競争力強化を図るため、コンテナ輸送の効率化、生産性向上に向けた取組みを推進しています。その一環として、コンテナ輸送に関するリアルタイム情報の共有・活用により、セキュリティを確保しつつゲート処理、輸送の効率化等を目指し、横浜港南本牧地区及び本牧地区においてCONPAS®を活用したコンテナ輸送効率化試験運用を8回行い、令和3年4月1日から横浜港南本牧ふ頭コンテナターミナルでは、CONPAS®の本格運用を開始しています。
     今般、関係者の協力のもと、横浜港本牧ふ頭D1コンテナターミナルで初めてCONPAS®を活用したコンテナ輸送効率化の試験運用を行いますので、お知らせします。

    【参考】Cyber Port・CONPASポータルサイト(https://www.cyber-port.net/)
     内容:Cyber Port・CONPASの概要、利用申請、各種資料、問合せ・ご意見等

    【CONPAS®試験運用の概要】
    試験運用期間:
     令和4年7月13日(水)~令和4年7月27日(水)
     ※但し、土日祝日を除く平日(月~金)とする
    試験運用実施場所:
     横浜港本牧ふ頭D1コンテナターミナル
    実施内容:
     トレーラーの特定時間帯への集中を分散・平準化させることを実現するための運用方法を確立する

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369