ホーム > 記者発表資料 > 令和4年 > 8月 > 「R4日光砂防管内気象観測設備改修工事」において、「見積活用方式」、「施工箇所が点在する工事の積算」を試行し、併せて「余裕期間制度の活用」、「配置予定技術者の専任を要しない期間」、「機器単体費の提示」、「世界的な半導体不足による工期延期等について」を採用します。

記者発表資料

2022年08月31日

  • 「R4日光砂防管内気象観測設備改修工事」において、「見積活用方式」、「施工箇所が点在する工事の積算」を試行し、併せて「余裕期間制度の活用」、「配置予定技術者の専任を要しない期間」、「機器単体費の提示」、「世界的な半導体不足による工期延期等について」を採用します。

    日光砂防事務所

     今回発注する「R4日光砂防管内気象観測設備改修工事」(令和4年8月31日公告)では、より多くの企業に参加していただきたく、以下の取り組みを試行及び採用しておりますので、ご紹介します。

    (1)「見積活用方式」
     本工事は、山岳地域にある砂防堰堤上の限られた狭隘な作業ヤード内での施工となる工事のため、作業効率の低下に伴い、標準的な積算と実勢価格に乖離が生じることが予想されます。そのため、入札参加者から見積の提出を求め、その価格の妥当性を検証のうえ、予定価格に反映させる「見積活用方式」を試行します。

    (2)「施工箇所が点在する工事の積算」

    (3)「余裕期間制度(フレックス方式)の活用」

    (4)「配置予定技術者の専任を要しない期間」

    (5)「機器単体費の提示」

    (6)「世界的な半導体不足による工期延期等について」

    ※詳細は本文資料(PDF)次項をご覧ください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369