ホーム > 記者発表資料 > 令和4年 > 3月 > 鶴見川流域「流域治水」を推進 ~「鶴見川流域水協議会」の開催について~

記者発表資料

2022年03月07日

  • 鶴見川流域「流域治水」を推進 ~「鶴見川流域水協議会」の開催について~

    京浜河川事務所

     近年の豪雨災害の激甚化・頻発化を受け、河川管理者が主体となって行う治水対策に加え、流域全体で水害を軽減させる「流域治水」への転換が重要であるとの認識に基づき、鶴見川においても、国、県、流域自治体、企業等が協働して流域全体で実施すべき対策の全体像を「鶴見川水系流域治水プロジェクト」としてとりまとめ、令和3年3月に公表いたしました。
     「鶴見川水系流域治水プロジェクト」では、氾濫をできるだけ防ぐ・減らすための対策、被害対象を減少させるための対策、被害の軽減、早期復旧・復興のための対策などを、国、県、流域自治体等が協働して取り組んでいくこととしています。
     今回、流域全体のあらゆる関係者が取り組む「流域治水」の主旨から、さらなる協議会への参画拡大を図るとともに、流域治水プロジェクトの充実に向け、鶴見川水系流域治水プロジェクトのフォローアップ等について議論するため、鶴見川流域水協議会を開催いたします。

     記

    1.日時:
     令和4年3月10日(木)10時00分~11時30分(予定)
    2.場所:
     京浜河川事務所 第一会議室(web会議にて実施)
     (〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-18-1)
    3.議題:
     本文資料(PDF)別紙1のとおり
    4.公開等:
     カメラ撮り等は、冒頭の挨拶まで可能です。
     その他、取材に関する詳細は本文資料(PDF)別紙2をご覧下さい。
     取材をご希望される報道機関の方は、本文資料(PDF)別紙3により事前登録をお願いします。
    【参考】鶴見川水系流域治水プロジェクト(鶴見川流域水協議会ホームページ)
     https://www.ktr.mlit.go.jp/keihin/keihin01025.html

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369