ホーム > 営繕 > 社会資本整備 > 一般庁舎整備 > 日本橋税務署(耐震改修)
営繕

社会資本整備

  • 一般庁舎整備

    日本橋税務署(耐震改修)

    nihonbasi

    施設整備の概要

     日本橋税務署は、東京都中央区の都心部に昭和43年建設された庁舎で、耐震診断の結果、改修等の措置を講ずる必要があると診断されました。そのため、庁舎の耐震安全性の向上をはかる耐震改修を行うとともに、約50年の歳月で経年劣化した外壁、屋上防水、電気設備、機械設備等の改修を行いました。
     耐震改修工法の検討にあたり、一般的な耐震壁と筋かいの補強による耐震改修を検討したところ、事務室空間に補強部材が配置され、改修後の執務に大きな支障をきたす結果となり、採用は不可能とわかりました。そこで免震部材による改修を検討したところ、建物1階は主に駐車場や倉庫として利用されており、免震部材を設置するスペースがありましたので、1階に免震部材を設置することとしました。
     また、外壁の既存プレキャストコンクリートパネルが劣化しており、また免震層上部躯体の軽量化を図る必要があったため全面取り替える改修も行っています。
     日本橋人形町界隈の歴史を踏襲する「粋な」建築モチーフとして縦格子を基調とするアルミパネルとし、色彩については、日本橋の地域性にあったシンプルで都市的なイメージを表現するため灰色を基調としています。約半世紀前に建設された庁舎を大規模リニューアルすることで、施設の機能劣化及び利用者ニーズの変化に伴う社会的な機能劣化への対応を図ることができました。

    建物の諸元

    所在地:東京都中央区日本橋掘留町2-6-9
    敷地面積:673.12m2
    建築面積:597.66m2
    延べ面積:4,114.79m2
    構造階数:RC-8-1
    完成年度:平成29年度

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369