ホーム > 営繕 > 社会資本整備 > 試験・研究施設整備 > 国立医薬品食品衛生研究所
営繕

社会資本整備

  • 試験・研究施設整備

    国立医薬品食品衛生研究所

    H29iei

    施設整備の概要

     国立医薬品食品衛生研究所は、昭和63年に制定された多極分散型国土形成促進法に基づく「国の行政機関等の移転について」(昭和63年7月19日閣議決定)により移転対象施設となり、平成24年に川崎市臨海部の「京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区」に移転することが決定した。
     老朽化、狭隘化及び設備不備等、試験・研究業務への支障解消を目的とし、研究所の役割である「国民の健康と生活環境の維持向上」に寄与すべく、研究施設機能のより一層の向上を目指した施設整備を実施した。

    建物の諸元

    所在地:神奈川県川崎市川崎区殿町3-103-4,5,6,7
    敷地面積:27,000m2
    延べ面積:33,228m2
    構造階数:RC-4
    完成年度:平成29年度

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369