国土交通省 関東地方整備局 東京国道事務所
東京国道事務所ホーム > 事務所の取り組み > 都市再生事業 > 品川駅西口基盤整備事業 > 次世代型交通ターミナルの実現に向けた企画提案の公募

事務所の取り組み

  • 都市再生事業

    品川駅西口基盤整備事業

    次世代型交通ターミナルの実現に向けた企画提案の公募

     国土交通省では、平成31年3月に次世代型交通ターミナル(以下、「ターミナル」)の整備を含む 「国道15号・品川駅西口駅前広場 事業計画」を公表しているところです。
     ターミナルは、未来型の駅前空間を構成する中心的な施設と考えており、世界に誇れる交通拠点として民間事業者の持つ最新の交通技術による乗り換えの円滑化、日本国内における次世代モビリティ等の拠点の創出を世界に発信するとともに、沿道再開発ビルと一体となった人工地盤の整備によるシームレスな移動を官民連携で行うことを想定しています。
     ターミナルの実現にあたっては、次世代モビリティの技術動向やターミナルの機能要件など、具体化すべき課題が多くあることから、最新技術の動向、モビリティネットワークの形成、施設運営ノウハウ等に関する企画提案を募集します。

     次世代型交通ターミナルのイメージ

    1.募集期間

    • 参加表明書の受付期間 令和元年10月3日(木)〜10月31日(木)
    • 提案書の受付期間    令和元年11月8日(金)〜11月28日(木)

    2.企画提案者の役割と費用負担

    • 次世代型交通ターミナルの実現に向けた最新技術の動向、モビリティネットワークの形成、施設運営ノウハウ等に関する提案
    • 応募及び適宜実施するヒアリングにかかる費用は、企画提案者が負担

    3.主な応募資格

    ・以下の1.もしくは2.に該当する者

    1.  「関東地方整備局(港湾空港関係を除く。)建設工事参加資格業者」、「関東地方整備局(港湾空港関係を除く。)測量・建設コンサルタント等業務参加資格業者」、「物品の製造・販売等に係る入札参加資格業者(全省庁統一資格)」のいずれかの参加資格を有する者
    2.  提案を求める分野での国内外における実績(類似実績、研究・実証・開発段階のものも含む)を客観的資料の提出をもって証明できる者

    ※共同体の場合は、代表企業が1.もしくは2.に該当すること。

    4.企画提案書のテーマ

    企画提案書のテーマ及び提案内容

    5.ヒアリングの実施

    • 提案された内容をもとに関東地方整備局が整理・検討し、適宜ヒアリング、対話を実施します。

    6.今後の予定

    • 企画提案を受け、技術的仕様等の検討を行ったうえで、事業提案の公募、PPP/PFI事業者の公募を予定しています。

    7.募集要項及び各種様式

    ヒアリングスケジュール
    PPP/PFI事業者公募までのスケジュール
国土交通省 関東地方整備局 東京国道事務所
〒102-8340 東京都千代田区九段南1-2-1 九段第3合同庁舎15・16階 電話03-3512-9090(代)