利根川上流河川事務所ホーム > 防災情報 > 災害対策用機器操作講習会

防災情報

  • 災害対策用機器操作講習会

    災害対策用機器操作講習会について

    災害発生時に活躍する災害対策用機械の操作講習会を「国」「自治体」「民間企業」の3者合同で実施

    概要

    国土交通省では、洪水や地震などによる災害発生時に、迅速な応急作業の支援や被害軽減を目的として、排水ポンプ車や照明車などの災害対策用機械を保有しており、東日本大震災など各地の災害に対応しています。
    これらの機械は、国土交通省の管理区間だけでなく、沿川の自治体からの派遣要請に基づき自治体でも活躍しています。
    今回の講習会では、関東平野の中央部に位置する、利根川、渡良瀬川、鬼怒川、小貝川を管理する利根川上流河川事務所、渡良瀬川河川事務所、下館河川事務所にて、各事務所職員、沿川自治体職員、災害復旧協定会社を対象に、各災害対策用機械の設置、操作訓練を実施しています。
    今後も講習会を定期的に開催し、災害発生時には迅速に対応できるよう「国」「自治体」「民間企業」が力を合わせて災害に備えます。

    平成27年度実施報告

    開 催 日:平成27年6月11日(木)、6月12日(金)
    実施場所:渡良瀬貯水池機場(栃木県栃木市藤岡町内野地先)
    実施内容:対策本部車、待機支援車、排水ポンプ車、照明車、小型衛星通信機器の操作訓練
    参 加 者:206名

    • 講習会写真1 照明車操作講習状況
    • 講習会写真2 排水ポンプ組立状況
国土交通省 関東地方整備局 利根川上流河川事務所
〒349-1198 埼玉県久喜市栗橋北2-19-1 電話:0480(52)3952