ホーム > 災害情報 > 過去の発信情報 > 霞ヶ浦河川事務所 災害情報一覧 > 平成27年9月関東・東北豪雨における対応について
災害情報

【風水害】平成27年9月関東・東北豪雨における対応について 霞ヶ浦河川事務所

霞ヶ浦河川事務所は、平成27年9月10日 8時30分から洪水対策支部を設置し、洪水に対応しています。
各水位観測所の水位は、次の外部リンクから確認できます。

出島観測所(霞ヶ浦水位)[外部リンク]
白浜観測所(霞ヶ浦水位)[外部リンク]
波崎上観測所(常陸川水門上流水位)[外部リンク]
波崎下観測所(常陸川水門下流水位)[外部リンク]

体制解除

  • 平成27年11月16日 13時00分

    霞ヶ浦洪水対策支部は、平成27年11月16日13時00分に、注意体制を解除し、洪水対策支部を解散します。
    (下館河川事務所への緊急的な応援要請が無くなったため)

注意体制

  • 平成27年9月16日 3時39分

    この災害情報は、平成27年9月16日 3時39分に【風水害】平成27年9月関東・東北豪雨における対応について(2)に移行します。

  • 平成27年9月15日 7時35分

     現在、常陸川水門下流の利根川水位が下がり霞ヶ浦の水位を下回った事から常陸川水門を開放し、霞ヶ浦から下流へ放流しています。
     潮位の影響により変動しますが15日14時30分頃まで開放する予定です。

    平成27年9月関東・東北豪雨における対応について(9月15日7時現在) [PDF:538 KB]

  • 平成27年9月15日 2時59分

    平成27年9月15日 2時59分に潮位の影響により常陸川水門下流の水位が上昇してきたため、常陸川水門を全閉しました。
     次回の開放操作は、7時30分頃を予定しています。

  • 平成27年9月14日 19時36分

    現在、常陸川水門下流の利根川水位が下がり霞ヶ浦の水位を下回った事から常陸川水門を開放し、霞ヶ浦から下流へ放流しています。
     潮位の影響により変動しますが15日2時頃まで開放する予定です。

    平成27年9月関東・東北豪雨における対応について(9月14日19時現在) [PDF:322 KB]

  • 平成27年9月14日 14時53分

    平成27年9月14日 14時53分に潮位の影響により常陸川水門下流の水位が上昇してきたため、常陸川水門を全閉しました。
     次回の開放操作は、19時30分頃を予定しています。

  • 平成27年9月14日 12時50分

    霞ヶ浦洪水対策支部は、本部長指令第135号により、下館河川事務所へ応援要員として職員を派遣します。

  • 平成27年9月14日 7時27分

     現在、常陸川水門下流の利根川水位が下がり霞ヶ浦の水位を下回った事から常陸川水門を開放し、霞ヶ浦から下流へ放流しています。
     潮位の影響により変動しますが14日14時頃まで開放する予定です。

    平成27年9月関東・東北豪雨における対応について(9月14日7時現在) [PDF:407 KB]

  • 平成27年9月14日 2時04分

     平成27年9月14日 2時04分に潮位の影響により常陸川水門下流の水位が上昇してきたため、常陸川水門を全閉しました。
     次回の開放操作は、7時頃を予定しています。

  • 平成27年9月13日 19時05分

    現在、常陸川水門下流の利根川水位が下がり霞ヶ浦の水位を下回った事から常陸川水門を開放し、霞ヶ浦から下流へ放流しています。
     潮位の影響により変動しますが14日2時頃まで開放する予定です。

    平成27年9月関東・東北豪雨における対応について(9月13日19時現在) [PDF:369 KB]

  • 平成27年9月13日 15時11分

     平成27年9月13日 15時11分に潮位の影響により常陸川水門下流の水位が上昇してきたため、常陸川水門を全閉しました。
     次回の開放操作は、20時頃を予定しています。

  • 平成27年9月13日 14時00分

    霞ヶ浦洪水対策支部(霞ヶ浦河川事務所)は、平成27年9月13日14時00分、水防資機材の輸送及び職員を派遣します。

    1.派遣資材:土のう 1,000袋
    2.派遣職員:2名
    3.派遣場所:茨城県 常総市役所
    4.集積場所:潮来出張所及び鉾田市安塚
    (潮来出張所、波崎出張所、鉾田出張所、麻生出張所から人員及び運搬車両を集積場所及び派遣場所に派遣します。)

  • 平成27年9月13日 9時03分

     現在、常陸川水門下流の利根川水位が下がり霞ヶ浦の水位を下回った事から常陸川水門を開放し、霞ヶ浦から下流へ放流しています。
     潮位の影響により変動しますが14時頃まで開放する予定です。

    〈平成27年9月13日 9時03分現在〉
    霞ヶ浦水位(波崎上観測所) >  常陸川水門下流水位(波崎下観測所)
          Y.P +1.76m     >  Y.P +1.75m

    霞ヶ浦水位と常陸川水門下流水位13日9時 [PDF:309 KB]

  • 平成27年9月11日 15時30分

     土浦支所からボート2隻を下館河川事務所管内の水海道出張所付近公園へ運搬します。
     現地へは、職員2名を派遣します。

  • 平成27年9月11日 12時00分

     現在、霞ヶ浦下流の利根川の水位が霞ヶ浦の水位より高いため、常陸川水門を閉めています。(利根川からの洪水が逆流するため)
    〈平成27年9月11日 12時00分現在〉
    霞ヶ浦水位(出島観測所) <  常陸川水門下流水位(波崎下観測所)
        Y.P +1.72m     <  Y.P +2.90m

    霞ヶ浦水位と常陸川水門下流水位11日12時 [PDF:533 KB]

  • 平成27年9月10日 20時00分

     霞ヶ浦洪水対策支部は、利根川本川の水位が上昇しており、9月11日午前3:00頃、満潮を迎えるため常陸川水門下流の水位が上昇し、ゲートを越流する恐れがあります。
     このため、常陸川水門ゲートの監視を開始します。

  • 平成27年9月10日 18時50分

     霞ヶ浦洪水対策支部は、平成27年9月10日16時10分本部長指令第30号により、道の駅「さかい」に派遣していた災害対策用機械を小貝川に移動させます。(16時30分)
     また、派遣していた職員を帰還させます。(18時50分)

    災害対策用機械の派遣(移動)10日16時30分 [PDF:40 KB]

  • 平成27年9月10日 16時45分

    霞ヶ浦洪水対策支部は、9月10日、霞ヶ浦の水位が上昇し、大雨特別警報が発令されていることから、前川の内水防除のため、前川排水施設の運転を開始します。

  • 平成27年9月10日 14時30分

    霞ヶ浦洪水対策支部は、平成27年9月10日14時00分本部長指令第26号により、災害対策用機械を派遣します。

    災害対策用機械の派遣10日14時30分 [PDF:45 KB]

  • 平成27年9月10日 8時30分

    台風18号から変わった温帯低気圧に伴う降雨により、水位上昇が見込まれるため、霞ヶ浦河川事務所は、平成27年9月10日8時30分より洪水対策支部を設置し注意体制に入ります。

    平成27年9月10日 8時30分 注意体制 [PDF:35 KB]

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369