ホーム > 災害情報 > 過去の発信情報 > 荒川下流河川事務所 災害情報一覧 > 台風第22号に伴う体制
災害情報

【風水害】台風第22号に伴う体制 荒川下流河川事務所

タイムラインの適用を終了します。

  • 平成29年10月30日 9時30分

    台風22号が日本の東で温帯低気圧に変わったため、タイムラインの適用を終了します。終了時の状況は『レベル1−1』でした。

支部体制解除

  • 平成29年10月30日 9時30分

    今後、台風22号の影響による管内の水位上昇等が見込まれないため、荒川下流風水害対策支部を廃止し注意体制を解除しました。

注意体制

  • 平成29年10月29日16時00分

    台風第22号の接近に伴い管内で台風の影響が懸念されるため、荒川下流河川事務所は、平成29年10月29日16:00
    に風水害対策支部を設置し、「注意体制」に入りました。今後の台風情報や河川の情報に注意して下さい。

タイムライン適用開始 設定上のレベルは「レベル1−1」です。

  • 平成29年10月25日11時00分

    台風第22号の発生・接近に伴いタイムラインの適用を開始しました。現在の状況は「レベル1−1」です。
    今後の台風情報等にご注意下さい。

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369