甲府河川国道事務所ホーム > 平成26年10月(台風18号)の大雨による富士川の治水事業効果

  • 平成26年10月(台風18号)の大雨による富士川の治水事業効果

    護岸整備により侵食を防止! UAVによる侵食状況の把握も行いました。

     富士川流域では、下流部を中心に累加雨量で300mm以上の大雨となり、清水端(しみずばた)、松岡(まつおか)の各水位観測所で氾濫注意水位を超過しました。
     富士川は急流河川で流速が早く、小規模な出水でも堤防や河岸を急激に侵食される恐れがあるため、堤防の法面に護岸の整備を行っています。
     今回の洪水では河岸が侵食する被害は発生しませんでした。また、歴史的治水施設である聖牛により流速を弱める効果がありました。
     UAVにより迅速かつ広範囲に洪水時の河道の様子を撮影することで、侵食状況の把握も行いました。
    ※UAV:Unmanned Aerial Vehicle・ Unmanned Air Vehicle と呼ばれ、無人航空機を指します。

    台風18号による富士川治水効果[PDF:917KB]

国土交通省 関東地方整備局 甲府河川国道事務所
〒400-8578 山梨県甲府市緑が丘1-10-1 電話:055(252)5491