国土交通省 関東地方整備局 関東技術事務所
関東技術事務所ホーム > お知らせ > 『道路附属物の支柱の路面境界部のき裂・腐食等の変状、残存板厚を非破壊で確認できる新技術』評価結果について。

お知らせ

  • 『道路附属物の支柱の路面境界部のき裂・腐食等の変状、残存板厚を非破壊で確認できる新技術』評価結果について。

     平成25年度にNETISフィールド提供型により公募、評価を行った「道路附属物の支柱の路面境界部のき裂・腐食等の変状、残存板厚を非破壊で確認できる新技術」の評価結果については以下のとおりです。
    なお、個別技術の評価結果については、NETIS掲載情報をご覧ください。

    (1)今回のフィールド試行では、公募4技術とも地際〜地際−40mm部分の変状※は、ほぼ把握可能であった。
    (2)公募4技術は「き裂」、「腐食」の区分はできない。
    (3)公募4技術は、工程に極めて優れているとの評価結果になっている。
    (4)公募4技術は、掘削調査を行う前段でのスクリーニング調査への活用可能性を有している。
    (5)スクリーニング調査への活用には更なるデータ蓄積、解析を継続し機器の信頼性やそれに対応した調査方法の検討を行う必要がある。さらに、スクリーニングに見合ったコスト縮減も必要である。

    ※き裂又は腐食の有無

    【個別技術の詳細評価結果】

国土交通省 関東地方整備局 関東技術事務所
〒270-2218 千葉県松戸市五香西6-12-1 電話:047(389)5121