圏央道ちば館 HOME > 圏央道エリアガイド >

茂原〜木更津

エリアガイド 茂原〜木更津

茂原・木更津間 地図

主要道路とのアクセスにより、房総半島の周遊性も高めます。

東京湾アクアライン連絡道、東関東道水戸線・館山線、千葉東金道路など、圏央道は県内の自動車専用道路と多様にアクセスしますが、茂原市⇔木更津市間は内房と外房の連携を強化する区間です。
圏央道は、物流や文化交流の円滑化によって地域の発展に寄与するとともに、地域環境の変化に富んだ丘陵部と調和し、房総半島の周遊性の向上にも貢献します。
圏央道は、“ちば新時代”への近道です。

ページトップに戻る
  • (1)袖ヶ浦公園(袖ヶ浦市)
    (1)袖ヶ浦公園(袖ヶ浦市)季節の花々と多彩な施設で構成された公園です。水辺の広場や万葉植物園、郷土博物館などの施設のほか、梅、桜、菜の花、花菖蒲など、一年中季節の花で彩られます。
  • (2)東京ドイツ村(袖ヶ浦市)
    (2)東京ドイツ村(袖ヶ浦市)ドイツの田園風景を再現した自然体験型のテーマパークです。本場の味が楽しめるレストランのほか、資料館、フラワーガーデン、子供動物園、大観覧車なども楽しめます。
  • (3)笠森寺観音堂(長南町)
    (3)笠森寺観音堂(長南町)61本の柱によって岩の上に支えられている「四方懸造」という日本唯一の構造をもつ、桃山時代に建立されたお堂です。板東三十一番観音霊場にふさわしいたたずまいです。
  • (4)熊野の清水(長南町)
    (4)熊野の清水(長南町)水がなくて困っている農民に、弘法大師が法力で水を導いたと伝えられる湧水です。全国名水百選に選ばれた清水で「弘法の霊泉」とも呼ばれています。
  • (5)御宿海岸(成田市)
    (5)御宿海岸(成田市)房総でも指折りの美しさを誇るビーチ。童謡「月の沙漠」の舞台にもなっています。
  • (6)養老渓谷(市原市)
    (6)養老渓谷(市原市)春の新緑、秋の紅葉が美しい養老川の源流部です。天然温泉や栗又の滝も観光客の絶えないところです。
  • (7)市原市市民の森(市原市)
    (7)市原市市民の森(市原市)豊かな自然林を整備して造られた市民の森は、野鳥や野生動物も多く見られる市民の憩いの場です。キャンプ場も整備されています。
  • (8)南房総フラワーライン(市原市)
    (8)南房総フラワーライン(市原市)州崎から太海に至る海岸線は、道の両脇に花畑が続く美しいドライブコースです。
  • (9)かずさアカデミアパーク
    (9)かずさアカデミアパーク上総丘陵に展開する国際的サイエンスパーク。エレクトロニクス、新素材、バイオテクノロジーなどの先端技術の民間研究所を中心とした、未来型研究都市です。
  • (10)證誠寺(木更津市)
    (10)證誠寺(木更津市)「分福茶釜」「八百八狸物語」と並ぶ日本三大狸伝説の一つ「狸ばやし」で知られる寺です。童謡「証城寺の狸ばやし」は、野口雨情がこの伝説から詩作したものです。
  • (11)東京湾アクアライン
    (11)東京湾アクアライン木更津と川崎を結ぶ延長15.1kmの自動車専用道路です。
ページトップに戻る
サイトマップ

圏央道はどんな道?工事の進捗と予定圏央道エリアガイド環境への取り組み記者発表資料館リンク集