国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
荒川上流河川事務所ホーム > 事務所の取組み > 治水 > 荒川洪水調節池群の整備 > 荒川第二・三調節池

事務所の取組み

  • 治水

    荒川洪水調節池群の整備

    荒川第二・三調節池

    事業の概要

     荒川流域は、東京都と埼玉県にまたがり、流域内には、日本の人口の約8%が集中している地域です。特に埼玉県南部及び東京都区間沿川は人口・資産が高密度に集積している地域となっています。
     荒川の治水安全度向上のための抜本的な対策として、広い高水敷の活用した調節池の整備に着手します。

    事業の概要

    事業内容

    ・場所
      埼玉県さいたま市、川越市、上尾市
    ・全体事業費 
      約1,670億円 
    ・事業期間
      平成30年度〜平成42年度(13年間)
    ・事業内容
      荒川第二・三調節池の整備
       面積 約760ha (第二:約460ha,第三:約300ha)
       治水容量 約5,100万m3 (第二:約3,800万m3,第三:約1,300万m3)

    事業の効果

     ・調節池の整備により、洪水の一部が調節池に流入し下流へ流下する流量を低減できます。
     ・流量の低減により洪水時の水位上昇が抑えられ、堤防決壊等のリスクが低減します。

    別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3-12 電話:049(246)6371