荒川下流河川事務所ホーム > 防災・災害情報 > [防災・災害への取り組み] > 震災対策 > 緊急用船着場(リバーステーション)

防災・災害情報

  • [防災・災害への取り組み]

    震災対策

    緊急用船着場(リバーステーション)

    舟運を活用した災害復旧活動の拠点となります。

    災害時の輸送拠点を整備しています。

    緊急用船着場(リバーステーション) 緊急用船着場(リバーステーション)

    ■リバーステーションでは、災害時の復旧活動に必要な資機材や救援物資等の積み下しを行います。
    ■荒川下流部では13箇所の計画があり、すでに9箇所が完成しています。
    ■平常時にも水上バスの発着場等として利用できます。

    緊急用船着場利用促進に向けた社会実験

    緊急用船着場の平常時の利用を促進し、認知度を高めていただくため、平成25年から社会実験として一部の緊急用船着場の開放を行っています。
    今年度は、バーベキュー会場や荒川知水資料館に近い岩淵リバーステーション(RS)も一般利用者に開放します。
    また、鍵の貸出・返却を郵送で行う等、利用条件を緩和しました。船着場開放に向けた、自己責任を基本とする利用ルールの施行・検証を4月29日より行います。

    【お知らせ】今年度の社会実験は終了しました。社会実験のご協力ありがとうございました。
            
           
           

    平成29年度 船着場利用に向けた社会実験 船着場利用の手引[PDF:1739KB]

国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所
〒115-0042 東京都北区志茂5-41-1 電話:03-3902-2311(代表)