荒川下流河川事務所ホーム > 荒川知水資料館アモア > 荒川知水資料館とは

荒川知水資料館アモア

  • 荒川知水資料館とは

    荒川知水資料館の施設を紹介します。

    荒川知水資料館 荒川知水資料館

    資料館設立

    荒川知水資料館は荒川流域の人と情報の交流、また北区における河川公園管理の拠点としてこれらの機能を集結させる形で平成10年3月に開館致しました。

    名称:荒川知水資料館(通称:アモア)
    開館:平成10年3月29日
    運営:国土交通省荒川下流河川事務所・東京都北区

    経緯

    ■平成10年
    荒川知水資料館オープン
    開館特別記念「青山士」展開催(現在は青山士コーナーとなる)
    5月 来館者1万人達成
       青水門先に野草園が完成

    ■平成11年
    アモア前庭に水生植物観察池が完成

    ■平成12年
    10月 野外展示(閘門・基礎杭ベンチ)設置

    ■平成13年
    5月 来館者20万人達成

    ■平成14年
    4月 信濃川大河津資料館よりナベトロ寄贈

    ■平成15年
    7月 リニューアルオープン。ライブラリー・ホール・国交省庁舎内災害対策室が分館へ移動

    ■平成17年
    4月 リニューアルオープン(1階)。「ITコーナー」「宇宙からみた荒川(イコノス)」増設
    8月 来館者50万人達成

    ■平成18年
    4月 リニューアルオープン(2階)。「流域模型」「荒川絵巻」「洪水シュミレーション」など増設

    ■平成20年
    開館10周年

    ■平成25年
    ・開館15周年
    ・荒川知水資料館のあり方を考える懇談会設置

    ・荒川知水資料館の提言とりまとめ[PDF:323KB]

国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所
〒115-0042 東京都北区志茂5-41-1 電話:03-3902-2311(代表)