東京臨海広域防災公園

災害時対応フロー

東京23区内で震度6強

著しく異常かつ激甚な被害が発生していると認められた場合、閣議を開催

 

 
↓

緊急災害対策本部の設置

設置場所:首相官邸内
本部長:内閣総理大臣

  • 使用不能の場合の設置順位

(1)中央合同庁舎5号館内
(2)防衛省内
(3)立川広域防災基地内

 

首都直下地震による被害の状況および災害応急対策の実施状況を把握し、防災関係機関に対し、災害応急対策の実施に関し総合調整をおこなう。

 
↓

災害現地対策本部を有明の丘地区に設置

設置場所:有明の丘基幹的広域防災拠点施設
本部長:内閣府副大臣または大臣政務官

緊急災害現地対策本部を有明の丘地区に設置

 

  • 現地における被災情報のとりまとめや、災害応急対策の調整(被災地内における広域的な資源配分等の調整等)
  • 現地対策本部の管轄区域は、原則として、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県の区域
 
↓

川崎港東扇島地区基幹的広域防災拠点において緊急物資輸送活動開始

  • 国内・海外からの資機材・支援物資の受け入れ
  • 資機材・支援物資等の集積、仕分け
  • 各被災箇所への物資等搬出
川崎港東扇島地区基幹的広域防災拠点において緊急物資輸送活動開始