ホーム > 災害情報 > 過去の発信情報 > 甲府河川国道事務所 災害情報一覧 > H30.3.20 南岸低気圧に伴う雪害体制
災害情報

【雪害】H30.3.20 南岸低気圧に伴う雪害体制 甲府河川国道事務所

甲府河川国道事務所道路雪害対策支部

  • 平成30年3月22日11時00分

    甲府河川国道事務所道路雪害対策支部は、平成30年2月22日11時00分に、注意体制を解除し、道路雪害対策支部を解散します。
    【理由】
    平成30年3月20日に発生した南岸低気圧に伴う氷雪について、南岸低気圧は通過し、事務所管内の自治体の大雪・着雪注意報が解除された。解除に伴い実施した管内パトロールにより道路交通への影響がないことを確認できた。そして規制班として派遣していた班員の事務所への帰還が全て終わったため。

  • 平成30年3月22日1時35分

    甲府河川国道事務所 道路雪害対策支部は、平成30年3月22日1時35分に、派遣していた規制班 富士吉田国道出張所(1班・2名)を帰還させる。
    【理由】
    南岸低気圧の通過に伴い、富士吉田国道出張所管内の国道138号において積雪による交通障害のおそれが少なくなったため。

  • 平成30年3月22日0時35分

    甲府河川国道事務所 道路雪害対策支部は、平成30年3月22日0時35分に、派遣していた規制班 富士吉田国道出張所(2班・4名)を帰還させる。
    【理由】
    南岸低気圧の通過に伴い、富士吉田国道出張所管内の国道139号において積雪による交通障害のおそれが少なくなったため。

  • 平成30年3月21日23時00分

    甲府河川国道事務所 道路雪害対策支部は、平成30年3月21日23時00分に、派遣していた規制班 4班 8名(大月出張所 1班・2名、大和国道事務所 2班・4名)を帰還させる。
    【理由】
    南岸低気圧の通過に伴い、積雪による交通障害のおそれが少なくなったため。

  • 平成30年3月21日18時30分

    甲府河川国道事務所 道路雪害対策支部は、平成30年3月21日18時30分に、大和国道出張所に規制班(1名)を派遣し、現地にて交代後、規制班(1名)を帰還させる。

  • 平成30年3月21日13時00分

    甲府河川国道事務所 道路雪害対策支部は、平成30年3月21日13時00分に、富士吉田国道出張所管内の降雪に伴う影響のため、富士吉田国道出張所へ規制班(3班・6名)を派遣し、現地にて交代後、規制班(3班・6名)を帰還させる。

  • 平成30年3月21日7時00分

    甲府河川国道事務所 道路雪害対策支部は、平成30年3月21日7時00分に管内規制区間に規制班 (大月出張所 1名・2名、大和国道出張所 1班・2名、甲府出張所2班・4名)を派遣する。
    【理由】
    今後、南岸低気圧の通過に伴い、大月出張所、大和国道出張所及び甲府出張所管内の国道で積雪による交通への影響が予想され、積雪による交通障害が予想されるため。 

  • 平成30年3月21日1時00分

    甲府河川国道事務所 道路雪害対策支部は、平成30年3月21日1時00分に、管内規制区間に規制班(富士吉田国道出張所 3班・6名)を派遣する。
    【理由】
    今後、南岸低気圧の通過に伴い、富士吉田国道出張所管内の国道で、積雪による交通障害が予想されるため。 

  • 平成30年3月20日22時00分

    甲府河川国道事務所は、平成30年3月20日22時00分より道路雪害対策支部を設置し「注意体制」に入る。
    【理由】
    今後、南岸低気圧の通過に伴い、山梨県内の広範囲で除雪が予想され、積雪による交通障害が予想されるため。

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369