ホーム > 災害情報 > 過去の発信情報 > 京浜河川事務所 災害情報一覧 > 令和元年 台風第15号
災害情報

【風水害】令和元年 台風第15号 京浜河川事務所

最新情報は下記のリンクよりご確認ください。
 ・洪水時の河川水位名称について
 ・水位・雨量情報
 ・ライブカメラ

注意体制解除【海岸】

  • 9月10日 11時30分

    京浜河川風水害対策支部は、横浜地方気象台 湘南(大磯、二宮)、西湘(小田原)の波浪警報が9日5時51分に解除され、10日の施設詳細点検において被害が確認されなかったことから、
    注意体制【海岸】を解除し、風水害対策支部を解散します。

注意体制解除【河川】

  • 9月9日 12時00分

    京浜河川風水害対策支部は、台風15号の接近により注意体制をとっていましたが、京浜河川事務所管内での降雨がなくなり、
    すべての観測所において水防団待機水位を下回ったため、注意体制【河川】を解除します。
    なお、注意体制【海岸】については継続します。

注意体制解除【応援】

  • 9月9日 8時30分

    京浜河川応援対策支部は、神奈川県平塚市に発令されていた土砂災害警戒情報および避難勧告が解除され、平塚市に確認したところ、
    新たな被害情報もなく支援要請もないことから、注意体制を解除し、支部を解散します。

注意体制【河川】

  • 9月9日 8時00分

    京浜河川風水害対策支部は、台風15号に伴う管内の降雨はなくなり、今後の水位上昇が見込まれず、
    8時00分現在、氾濫注意水位を上回っている水位観測所がなくなったため、警戒体制【河川】から注意体制【河川】に移行します。

注意体制【応援】

  • 9月8日 23時50分

    京浜河川事務所は、神奈川県平塚市にて土砂災害警戒情報かつ避難勧告が発令されたため、
    京浜河川応援対策支部を設置し、注意体制に入ります。

警戒体制【河川】

  • 9月8日 21時00分

    台風15号の影響によりさらなる降雨が予想されることから、京浜河川風水害対策支部は、注意体制【河川】から警戒体制【河川】に移行します。

注意体制【河川】

  • 9月8日 18時00分

    京浜河川事務所は、台風15号の影響により水位上昇が見込まれるため、
    京浜河川風水害対策支部は、注意体制【河川】に入ります。

注意体制【海岸】

  • 9月8日 11時30分

    京浜河川事務所は、台風15号の接近に伴い、横浜地方気象台が湘南(大磯、二宮)、西湘(小田原)に、波浪警報を発表し、
    被害の発生する恐れがあることから、京浜河川風水害対策支部を設置し、注意体制【海岸】に入ります。

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369