ホーム > 記者発表資料 > 令和3年 > 7月 > 国道246号(神奈川県松田町松田惣領地先)での片側交互通行が上下線通行可能となります。【第7報】

記者発表資料

2021年07月16日

  • 国道246号(神奈川県松田町松田惣領地先)での片側交互通行が上下線通行可能となります。【第7報】

    横浜国道事務所

     国道246号 松田町 寄入口交差点から新籠場交差点の間では、7月3日(土)の大雨による崖崩れのため、片側交互通行を行っております。
     現在、応急復旧工事を進めているところですが、作業が順調に進めば、7月18日(日) 7時に交通開放(上下線通行可能)の見込みとなりましたので、お知らせいたします。
     なお、下記のいずれかに該当する場合は、安全確保のため全面通行止めとなりますので、ご協力をお願いします。
     (1)現地の変位量が2.0mm/h以上を計測した場合
     (2)横浜国道事務所の設置した雨量計の連続雨量が160ミリメートルを超えた場合
     (3)監視で異常が確認された場合
     また、上記の全面通行止めは、次のすべての基準を満たし、現地の安全を確認した後に交通開放します。
     (1)現地の変位量が2.0mm/h未満を24時間継続した場合
     (2)横浜国道事務所の設置した雨量計の降雨量が2mm/h以下を3時間継続した場合

    ■道路情報は、横浜国道事務所のホームページやツイッターで確認できます。
     ・公式ホームページ(https://www.ktr.mlit.go.jp/yokohama/)
     ・公式ツイッター(https://twitter.com/mlit_yokokoku)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369