ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 9月 > 国道16号保土ヶ谷バイパス 遮音壁の点検に伴う一時撤去について

記者発表資料

2020年09月03日

  • 国道16号保土ヶ谷バイパス 遮音壁の点検に伴う一時撤去について

    横浜国道事務所

    ○横浜国道事務所が管理する遮音壁の一部において、点検に伴う一時撤去を行いますのでお知らせします。

    ○令和2年8月31日(月)の夜間、国道16号保土ヶ谷バイパス(3.0キロポスト付近:横浜市旭区本宿町地先)において、中央分離帯の上に設置されている遮音壁を固定するボルトに一部ゆるみが確認されました。現在はボルトの固定作業を行い、安全を確保しています。

    ○9月3日(木)・4日(金)の夜間に車線規制を行い、詳細な点検と遮音壁の部材(遮音板)の一時撤去を行います。その後、点検結果の分析と補修等の検討を行う予定です。
     ※天候等により変更になる場合もあります。

    ○近隣にお住まいの皆様及び道路利用者の皆様には御迷惑をお掛けしますが、御理解・御協力のほどよろしくお願いします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369