ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 1月 > 首都圏中央連絡自動車道(釜利谷JCT〜戸塚IC(仮称))『環境影響の照査結果』についてのお知らせ

記者発表資料

2020年01月17日

  • 首都圏中央連絡自動車道(釜利谷JCT〜戸塚IC(仮称))『環境影響の照査結果』についてのお知らせ

    横浜国道事務所
    東日本高速道路株式会社関東支社
    横浜工事事務所

     首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の釜利谷JCT〜戸塚IC(仮称)【高速横浜環状南線】は、平成7年4月の都市計画決定後、測量、調査、設計及び用地買収を進め、これまでに設計・用地説明が全線で完了し、用地進捗率は約99パーセント(事業認定申請における事業地(起業地)を基にした取得率)となっています。

     今般、国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所及び、東日本高速道路株式会社関東支社横浜工事事務所では、本事業における周辺環境の適切な保全を図るため、現時点での最新のデータと予測手法を用いて環境影響の照査を実施しましたので、その結果についてお知らせ致します。

    [今回照査の主な結果]
     大気汚染、騒音、振動及び低周波空気振動の環境項目について、今回照査を行った結果、それぞれの環境保全目標(低周波空気振動については参考指標)を満たしています。
     今後、技術の進展やデータの蓄積を踏まえ、環境影響の調査検討を実施し、周辺環境の適切な保全に努めてまいります。

     なお、本照査結果の詳細は、本文資料(PDF)別添の参考資料のとおりです。
     また、以下のホームページでもご覧頂けます。
      よこかんみなみ(http://www.yokokan-minami.com/)
      横浜国道事務所ホームページ(http://www.ktr.mlit.go.jp/yokohama/)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369