ホーム > 記者発表資料 > 令和3年 > 4月 > 道路空間を活用したカーシェアリング社会実験[車種拡大] ~新たに複数乗員車両を用いた社会実験が4月28日(水)13時から開始します~

記者発表資料

2021年04月23日

  • 道路空間を活用したカーシェアリング社会実験[車種拡大] ~新たに複数乗員車両を用いた社会実験が4月28日(水)13時から開始します~

    東京国道事務所

     国土交通省では、道路空間を活用した交通モード間の接続(モーダルコネクト)を強化する取組みとして、大手町駅及び新橋駅に近接した国道の道路上に小型モビリティ用のカーシェアリングステーション(ST)を設置し、その有用性等を検証する社会実験を平成28年12月から令和2年9月末まで行ってまいりました。
     今回、新たに複数人の乗車が可能な車両へ車種を拡大した、社会実験を開始いたします。

    【社会実験の概要】
    1.実験期間
     令和3年4月28日(水)13時~令和5年3月末(予定)

    2.運営事業者
     タイムズモビリティ株式会社(公募により決定)

    3.実施箇所
     東京都千代田区丸の内1丁目 国道1号の道路上
     東京都港区新橋4丁目 国道15号の道路上

    4.運営車両
     軽自動車(道路運送車両法に基づく)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369