ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 10月 > 水郷・利根川の魅力と多様な自然について、魅力を確認していただく「利根川下流自然再生シンポジウム」を開催いたします。

記者発表資料

2020年10月19日

  • 水郷・利根川の魅力と多様な自然について、魅力を確認していただく「利根川下流自然再生シンポジウム」を開催いたします。

    利根川下流河川事務所

     利根川下流部は、国内有数の広大なヨシ原湿原が広がり、世界的に珍しいコジュリン・オオセッカの繁殖地となっています。また、利根川の周辺は、歴史的にも船運が盛んで周辺の街が水郷として発展してきた歴史もあります。
     利根川下流河川事務所では、自然環境を再生するための取り組みを2013年から開始し、「多様な生物の生息・生育場を育む、湿地・水環境の保全・再生」を目標として、これまでに千葉県香取市(旧小見川町)、東庄町で計画された地区の環境整備工事を完了させ、その後モニタリングを実施しております。さらに、現在は、茨城県神栖市川尻地先において整備工事に着手しております。
     この自然再生事業の効果をはじめとする利根川下流部の自然環境につきまして、現況報告、地元中学生の自然体験、地元で活動されている方からの活動報告等をいただき、そして今後の自然環境のあり方を皆様方と一緒に考えるために「水郷・利根川の魅力と多様な自然を考える」をテーマにシンポジウムを開催させていただきます。WEB(AdobeConnectウェビナー及びZoom)での参加もできます。また、当日の取材につきましては、参加申込時に会社名と取材とお申し付けください。

     記

    ○開催日時
     令和2年11月11日(水) 14時00分~16時30分
    ○場所
     神栖市 矢田部公民館 文化ホール
    ○定員
     先着100名 入場無料(会場人数)
    ○主催
     国土交通省 関東地方整備局 利根川下流河川事務所
    ○協力
     茨城県神栖市 千葉県銚子市・香取市・東庄町
    ○応募締切り
     令和2年11月6日(金)
    ○参加申込み
     公益財団法人 河川財団 河川総合研究所
     担当者:津久井・軍司
     E-mai:tonekaryu@kasen.or.jp
     電話:03-5847-8305
    申込フォーム:
     http://www.kasen.or.jp/tabid365.html
    事務所ホームページ:
     https://www.ktr.mlit.go.jp/tonege
    ○必要事項
     氏名、所属、電話、E-mail、CPDS発行の有無 以上

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369