ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 3月 > 第8回中央道渋滞ボトルネック検討ワーキンググループを開催しました。

記者発表資料

2020年03月06日

  • 第8回中央道渋滞ボトルネック検討ワーキンググループを開催しました。

    相武国道事務所

     相武国道事務所では、平成25年11月15日に発表された「首都圏渋滞ボトルネックの対応の基本方針」に基づき、中央自動車道(高井戸IC〜上野原IC)を対象として、「中央道渋滞ボトルネック検討ワーキンググループ」を設立し、渋滞対策について検討を進めています。
     このたび、下記のとおり第8回ワーキンググループを開催しましたのでお知らせします。

      記

    ■第8回中央道渋滞ボトルネック検討ワーキンググループ
    日時:
     令和2年3月5日(木)※
    議題:
     小仏トンネル付近(上り)、相模湖付近(下り)の進捗報告
     三鷹バス停付近の対策の具体案を決定

     配布資料は、相武国道事務所ホームページに掲載する予定です。
     ※新型コロナウイルスの感染拡大のリスクに対応するため、書面にて実施しました。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369