ホーム > 記者発表資料 > 令和3年 > 7月 > 国道19号長野市篠ノ井小松原地先の隣接地における地すべりについて、『長野市篠ノ井地区交通マネジメント検討会』を設置します。

記者発表資料

2021年07月19日

  • 国道19号長野市篠ノ井小松原地先の隣接地における地すべりについて、『長野市篠ノ井地区交通マネジメント検討会』を設置します。

    関東地方整備局
    道路部
    長野国道事務所

     7月3日(土)の豪雨により、長野市篠ノ井小松原地先の隣接地(犬戻トンネル松本側坑口付近)において地すべりが発生し、国道19号で交通規制(6時~21時:片側交互通行,21時~6時:全面通行止め)を実施しています。
     このため、学識経験者、整備局、県、市、警察などで構成される「長野市篠ノ井地区交通マネジメント検討会」を設置し、関係機関との情報共有のもと、交通マネジメントについて取り組みを進めることにしましたので、お知らせします。

    1.開催日時 令和3年7月20日(火)14時00分~
    2.開催方法 長野国道事務所第4会議室,WEB
    3.委員 本文資料(PDF)別紙のとおり

    [報道関係のみなさまへ]
    ・検討会は非公開ですが、長野国道事務所にて頭撮りは可能です。
    ・終了後、ぶら下がり取材を予定しております。
    ・頭撮りやぶら下がり取材を希望の方は、事前に下記問い合わせ先までご連絡ください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369